« ワンコと一緒の石鹸生活 | トップページ | 幸せ報告 »

ワンコ石鹸との出会い&べべ9才になりました

ワンコ石鹸との出会いはCATNAPのフリマでした。

ピーチブロッサムさんが、ワンコ用石鹸をフリマ物資にご提供して下さったことがありました。
当時はまだ預かりボランティアもしていなかったのですが、
CATNAPフリマの物資受入を担当していた方のブログで見つけて、
「犬を洗える石鹸があるんだ〜」と石鹸目当てでフリマ会場に行きました。

残念ながら私が行った時には石鹸は売り切れで・・weep
でもすっごく興味あったのでピーチブロッサムさんのHPを探して、
石鹸講座を見つけた、というわけです。

この講座、内容がとても充実していて、
軽い気持ちで受講し始めたのに気がついたら石鹸の魅力にはまってしまいました。

毎月1回、合計6回の講座に通う半年の間に、
道具類や必要なオイルをちょこちょこ揃え、
その材料もあれもこれも試してみたくなって、
増えること増えることcoldsweats01

楽しい趣味との出会いでした。

手作りの石鹸は、レオン&ベベにもとっても合っていたようです。

特にべべ。
カサカサカユカユだった皮膚の状態が良くなってきました。

これは食事も手作り食にしたりした効果もあるかと思いますが、
石鹸に変えてからは特に良くなってきたように思います。

Dscn2383

 

そのべべですが、今月で9才になりました。
4月4日がお誕生日でした。

レオンと同じ飼い主と暮らしていた子で元飼い主の病気(後に死亡)をきっかけに一緒に引き取って3年目。

よく聞かれるのが「種類は何ですか?」と。

べべのお母さんは、パグと柴のMIX、お父さんはプードル(毛色はシルバー)なのです。
大抵の人は「パグと柴〜sign02それってどんな犬なの」と思われるようです。
べべと出会った時にはお父さん犬もお母さん犬も虹の橋にお引っ越ししていますので、私も直接会ったことはありません。
べべの元住んでいたところのご近所で、知っている方複数から聞いたので、多分そうなのでしょう。

パグ+柴+プードルで本当にべべみたいな子が生まれるのか?
私自身不思議ですが、べべはべべ。
犬種なんてどうでも良いわ〜と思っています。

べべは、しつけはほとんどしていなかったようで、しかもお手入れも大嫌い。
ブラッシングしようとするとガウガウで、ちょっと困ったヤツなのです。

べべみたいな子は、せめてトリミングの必要のないタイプの毛だったら良かったのでしょうけれど仕方ありません。

家でのブラッシングが限界になってくると、サロンで丸刈りに近いカットをお願いしています。(苦肉の策sweat01

そして家でのお手入れはいつも闘いです。
でも最初の時よりはやらせてくれるようになったし、少しずつですがべべも成長しているように思います。

いつも短めコートのべべですが、
いつかお利口にお手入れさせてくれてモコモコを維持できる日がくるのかしら?
いまの状態では目標達成はまだまだ先のようです。

またまた手作り石鹸の話に戻りますが、
手作り石鹸の素晴らしいところの1つは「泡切れの良さ」です。

べべのお手入れもですが、レオンもマルチーズですから
定期的なトリミングと家でのお手入れは絶対に必要です。

そこで2頭を引き取って間もなくの頃、
トリマーさんを養成する学校で行っていた「トリミングの体験講習」
みたいなものに参加したことがあります。

そこで教えて頂いたやり方の中に、
「シャンプー前にブラッシングをしっかりすること。
なぜなら毛玉があると、そこにシャンプー液が残って犬の皮膚によくないから。」
と教えられました。

その時に私は思いました。
「ブラッシング大嫌いなべべには、洗う前にそんなに丁寧に出来ないな〜bearing

「どんなにしっかりと洗い流しても、そこにはシャンプー液って残るものなの?
それはそれでシャンプーって恐くない??」

石鹸やシャンプーの事、多少なりにも勉強し色々と調べた今なら解ります。

それは合成界面活性剤(合成洗剤)だからだったのでしょう。

べべのカサカサカユカユの原因の1つは、
「合成界面活性剤が皮膚に残っていたからなのかもしれない」
と、今になって思っています。

色々と調べてみると、合成洗剤は種類もいろいろありますが、
いずれも自然界で分解しにくい性質があるそうです。
だから泡切れも良くないので、しっかりと流さないを皮膚に残るみたい。

使っていたシャンプーもあまり良くなかったのかもしれないけれど、洗い流しにくい、皮膚に残っていると悪い影響を及ぼすかもしれない合成洗剤の成分。
一般的に売られているシャンプーがみんなそうなわけではないけれど、ちょっと恐いなと思うのです。

※界面活性剤とは、石鹸で言うと汚れを落とす働きをする成分のこと。
手作り石鹸のように自然界にある物質からもつくる事が出来ますが、
市販の液体石鹸やシャンプーのほとんどが合成界面活性剤を使用したものです。

お手入れ苦手のべべですが、手作り石鹸で洗うようになってからは、お風呂場では温和しく洗わせてくれるようになりました。

その後のドライヤー&ブラッシングでは相変わらず格闘ですが、どうやら石鹸で洗うことの気持ちよさは解ってくれたみたいですhappy01

|

« ワンコと一緒の石鹸生活 | トップページ | 幸せ報告 »

レオン&べべ」カテゴリの記事

コメント

べべちゃん、4月4日は9歳のお誕生日でしたか〜。
おめでとうございます!
べべちゃん、パグ+柴+プードルのミックスなんですね。クルクルッとした毛並でプードルさん入ってるのかなとは思ってました(^-^)
べべちゃんはべべちゃん♪そうですよね、犬種なんて何でもいい。「うちの子」になったら 「うちの子」が一番!!たとえガウガウしても、それはその子のせいじゃない。一緒に生活してた元々の飼い主がちゃんとリーダーになってくれなかったから。
今はお風呂は大人しくさせてくれるって、よかったですね♪洗ってもらうの気持ちいい〜って分かるんですよね。
杏もお風呂ではなすがままです(^ν^)肛門絞りも黙〜ってさせてくれます。夫にバトンタッチしてからは走り回るらしいんですけどね(*^O^*)
「ちょっと〜!杏ちゃ〜ん」って時々聞こえますから笑っちゃいます。杏ちゃんすばしっこいから(ドライヤー途中で私が代わると大人しいですよ〜♪ちょっと優越感(* ̄▽ ̄*))。
べべちゃんも走り回りますか?

石鹸については、またコメントしますね♪時間かかるし、携帯だと全体が読めなくて内容を覚えてないとコメントしたかったとこを忘れてしまうんです(v_v)
では♪また(^O^)/

投稿: みいこん | 2009年4月26日 (日) 00時02分

ご無沙汰です…
携帯のブックマークをチェックしてて、どうしてるかなぁ〜と思って(^-^)
手作り石鹸とても興味があります!
catnapのフリマでは、いっつも売り切れで…
前回記事の講座も見てみます。
チェリーもカイカイがひどくて、いいと言われるシャンプーを探しては使っているんです。
今は落ち着いてきていて血が滲むまで掻き続けることはなくなりましたが、フケようなものが出ることも。
keikoさん、是非販売してください。

一つびっくりしたことが!
べべさんとチェリーのお誕生日がまるで一緒なんです〜
2000年4月4日♪
べべさん、お誕生日おめでとう☆

投稿: びんちぇ | 2009年4月28日 (火) 08時09分

みいこんさんへ

杏ちゃん、おっとりしているみたいに見えるけれど、結構すばしっこいんですよねhappy01
洗うときには温和しかったけれど、ドライヤーの時には油断すると逃げられちゃったのを思い出します。
ご主人の時には「今だ〜逃げちゃえbleah」って思うのかしら?

べべもドライヤーは「ウーウー」言いながら逃げようとしますよ。
そしてブラッシングをしようとするとお口が出ちゃってガウガウ犬に大変身。
いつもお風呂の後は闘いですpunch

トリマーさんのところでは、多少の抵抗はするものの、ガウガウしてどうしても出来ないって程ではないそうです。
だから、「お家でも慣れればきっと出来るようになりますよ」って。いつになるやらcoldsweats01
私のところに来た頃は皮膚も丈夫ではなかので、それもあって触られるのを嫌がるクセが付いちゃったのかもしれませんね。

投稿: keiko | 2009年4月28日 (火) 15時24分

びんちぇさんへ

本当だ〜、びんちぇさんのブログにお邪魔したらチェリーちゃんとべべのお誕生日がまったく一緒sign03
チェリーちゃんもおめでとうございました〜
happy01

チェリーちゃん、カイカイなのですね。
べべもこれからの梅雨の季節は要注意です。
機会がありましたら石鹸も使ってみて下さい。
医薬品ではないので効能とかは言えないけれど、悪いものではないハズ。
ピーチブロッサムの里見先生の、犬のために不必要なものは取り入れないってコンセプトに共感しまくりです。

フリマで販売出来るような数作れるように頑張りますね。

投稿: keiko | 2009年4月28日 (火) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/28946321

この記事へのトラックバック一覧です: ワンコ石鹸との出会い&べべ9才になりました:

« ワンコと一緒の石鹸生活 | トップページ | 幸せ報告 »