« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

フラン日常

雨ですねrain

大好きなお散歩にもあまり行けない日はガッカリ〜な様子のフランです。

こんな日のフランのおトイレの事情など、書きたいと思っているのですが、
ちょっとバタバタしていまして後ほどまた。

とりあえず、ニコニコ笑顔のフランの写真をペッタンしておきます。
Dscn5061_2

気がつくと、こんな笑顔でこちらを見つめてくれていたりします。

可愛いですheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美味しいね♪

今日はフランのご飯の様子をご紹介します。

フランはご飯の前に、お座りとマテが出来ます。
↓頑張ってマテをしている写真。
ご飯はフランにとってのお楽しみなので、ニコニコ笑顔ですhappy02

Dscn5049

この時にはフランだけでご飯にしたので写真を撮ることが出来ました。


フランはちゃんと出来る子なのに、レオン&ベベと一緒に並んで食べさせると、「早く食べないとなくなっちゃう〜sweat01
とでも思うのか、マテがフライング気味ですcoldsweats01

写真を撮るどころではありません。

レオン&ベベも他の子のお皿を狙ったりはしないんだけどねwink

もう少し慣れたら、3頭並んでマテも出来るようになるのではないかな、と思います。
今までの子たちも最初はアセアセしてても、慣れたら落ち着いて出来るようになったしね。

(食べて)ヨシ!の合図を待って大喜びで食べ始めます。
Dscn5054

今日のメニューはドライフードに先住犬たちの手作り食を少しだけトッピング。(要するにいつもと同じbleah

毎回残さずキレイに完食です。


ウマウマな様子をもう少しご紹介。

Dscn5060

Dscn5059_2

夕方のお散歩後、母からオヤツにイチゴをもらっています。
フランは果物も好きみたい。
他に今までであげたことのあるのはリンゴとメロン。

何でも喜んで食べてくれます。

果物には糖分も多く含まれているから、あげすぎは禁物。

もっと欲しそうなお顔をするのも可愛いフランでした。


フランは里親さん募集中です。

フランのプロフィールはこちらから。

譲渡に関するお願いはこちら です。

フランを助けてくれたのはCATNAP です。

フランの他にも沢山のワンニャンが家族を捜しています。

犬猫と一緒に暮らしたいな〜と思ったら、譲渡という選択肢も思い出して下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フラン、寝る前のお楽しみ♪

フランの我が家での生活、1週間経ちました。
だいぶ慣れてくれたかなhappy01
オヤツタイムには先住犬たちと一緒にすっ飛んでくるようになりましたdogdash
そんな時の様子も、写真撮影に成功したらご紹介しますね。

そして毎度の事ですが、預かりっこちゃんが慣れてきた頃ちょっとした悩みが〜sweat01

我が家には、甘えん坊のレオン&ちょっとだけ気難しいべべの先住犬がすでに2頭います。
ナデナデしてもらうのが大好きなフランを、思いっきり甘えさせてあげるための手もお膝も足りない〜coldsweats02な状況になっております。

両親も同居しているから人数的には犬の頭数だけ人の手は足りてはいるのですが、フランが甘えていると必ずと言ってよいほど邪魔しに来ちゃうんですよねbearing

頭の良いフランはそういったこともわかってくれているのかもしれません。
3頭一緒にフリーの時には、ちょっと遠慮がちな様子です。
おかげで、先住犬たちとスッゴク仲良しheart04ってわけではありませんが、大きなもめ事もなくソツなく過ごしてくれています。

そんな状況なので、寝る前のちょっとの時間、フランのために思いっきり甘えられる時間をつくっています。

レオン&ベベは、「そろそろ寝ようか〜」のかけ声で、「は〜いdogdash」と、自ら2Fの
寝る部屋へ移動してくれます。

だからレオン&ベベを先に「おやすみなさいsleepy」とお部屋を移動させてから、またリビングに戻ってフランとイチャイチャするのが日課になっています。

フランもわかるのでしょうね。

私が戻るとニコニコの笑顔でお出迎えしてくれますheart04

そうして、お腹をゴロ〜ンとしてナデナデタイムの開始です。

Dscn5024

↑の写真、そのナデナデの時のです。
撮りたくないもの(私の生足とかsweat01)も一緒に写っちゃって、そこを避けて何とか撮った写真。

この写真だとわかりにくいのですが、結構うれしそうにゴロンゴロンしてくれます。

Dscn5038 嬉しいね〜heart04


こ〜んな笑顔を見せてくれるから私も嬉しいよhappy01

思いっきり甘えてくれていいからね。

人懐っこくて甘えん坊のフランです。

たくさんナデナデしてくれる家族を捜しています。

フランのプロフィールはこちらから。

譲渡に関するお願いはこちら です。


「さて、フランもそろそろ2Fで
寝ようかsleepy

就寝はケージでなのですが、お留守番時と同様、素直に中に入ってくれるお利口さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業犬オフ会延期の日曜日

フランが来てからのこと、写真を撮った順番に記事を書いています。
やっと17日(日)のことです。

この日は待ちに待った「卒業犬オフ会」だったのですが・・・
お天気が心配なため延期となってしまいましたweep

昨年末に我が家から卒業した杏ちゃんご家族にも会えるはずだったのにsweat02
秋に延期となりましたが、その時には気持ちの良い秋晴れとなりますように。

どこかに遊びに行くにも卒オフ会が延期になったくらいのお天気だし、結局1日家にいました。

Dscn5001

フランも移動したばかりで、私の休みの日には様子をみてあげたいし、フランと仲良くなるにはちょうど良かったかな。

Dscn5002

そんなわけで、時間がないと出来ないような片付けをしたくらいで、あとはまったりと過ごしていただけ。

犬ネタはあまりない日曜日でしたconfident

土日のお休みを一緒に過ごしてわかったフランのこと。

人が大好きな甘えん坊です。

撫でてあげると、お腹ごろ〜んのポーズで甘えてきます。

人間の食事中はイスの下(人の足元)で温和しくしています。


↓この写真みたいに、こちらをじ〜eyeと見つめてくれるのが何とも可愛いheart04

Dscn5013

テーブルの上の食べ物をねだる、なんてこともありません。
(レオン&ベベ〜見習っておくれcoldsweats01

我が家では平日はお留守番もしてもらわなくてはならないので、ケージでのお留守番練習も試してみました。

(引継ぎ時にケージでのお留守番出来ますと聞いていましたが、環境変わったしどうかな〜と思って)


フランはケージそばに連れて行くと、自ら中に入って行くではないですかdogdash

自らケージに入って行く子は初めてで、ちょっと感動。


平日のお留守番も上手に出来ますねwink

フランの赤い糸探しています。

フランのプロフィールはこちらから。

譲渡に関するお願いはこちら です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フラン撮影会 その2

昨日の続き。(まだ土曜日のお話しです。)

玄関前でばかり写真を撮っていたら、フランは飽きちゃったみたいです。
「こっち向いて〜」
にもあまり反応しなくなったので、場所移動dash

といっても目の前の私道を行ったり来たりしただけ。
Dscn4973

ちょうど弟Familyがいたので協力してもらいました。

ついでに「新顔のフランですdog」と、ご挨拶も済ませちゃいました。
幼稚園児の甥っ子達にも尻尾フリフリでご挨拶出来ましたよ。

私道を行ったり来たりするだけですが、気分はお散歩。

実際、お散歩は大好きなようでこ〜んな笑顔でトコトコ元気に歩いています。 Dscn4979

Dscn4975_2

「こういうの、何か楽しいかもdog」って思っているようなお顔に見えませんか?

犬って、「嬉しい、楽しい、幸せheart04」って時には、こんな笑顔を見せてくれるんですね。

Dscn4983 お外の大好きなフランでした。

ただいま里親募集中。

フランのプロフィールはこちらから。

譲渡に関するお願いはこちら です。Dscn4977_2

この日に撮った写真の中から、迷いに迷って一番下の写真を、会のプロフィール用の写真に採用しました。

皆さんはどの写真のフランが魅力的ですか?note

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フラン撮影会 その1

土曜日に撮った写真、まだまだありますのでご紹介。

午後になって「明日は卒業犬オフ会でフランにはお留守番してもらうし、今日のうちに沢山写真を撮ろうsign01」と外に出ました。
(注:お天気心配でしたがこの時点ではまだオフ会開催を信じていたのです。)

どこか良い場所はないかな〜eye
と探したのですが、結局お隣の弟家の前で写真を撮ることに。
(玄関のドアノブにリード引っかけて撮れるから便利なのwink
Dscn4958_3
 

Dscn4960_2 沢山撮ってもボツ写真もそれだけ沢山だろうからじゃんじゃん撮りました。

フワフワのコートでしょheart04

全身の立ち姿も美しいわ〜shine

Dscn4963

整ったお顔ですよね。 Dscn4965

こんな調子で、
「フラン〜こっち向いて〜」 なんてやっていたら、疲れちゃったと言わんばかりに座りこんじゃいました。

飽きちゃったみたいなので撮影場所移動〜dash

続きはまた明日。

可愛い写真、まだまだありますよ〜happy02

Dscn4972

| | コメント (3) | トラックバック (0)

笑顔のフランくん

週末でフランの写真をたくさん撮りました。
順番にじゃんじゃんご紹介していきますね。
16日(土)午前中の分です。

動いているのを撮ったのでブレちゃったのと、お耳が全部写っていませんが、可愛い笑顔だったのでhappy01

Dscn4945

まだ来てから一晩たっただけの朝ですが、すでにこの笑顔dog

ちゃんと理由があります。

ワンコご飯の支度をしていたら、ニコニコ笑顔で大喜び。

「まだですか〜eye」ってこうやって支度を見ていました。
Dscn4946

この時もご飯はペロリと完食。

けっこう食いしん坊なのかな。
移動したばかりでもしっかり食べてくれるので、まだ緊張はしているだろうけれど大丈夫そうです。

基本、レオンとべべは手作り食なのですが、フランはドライフード中心で食べてもらっています。(どこのお家に行っても大丈夫なように複数のフードに慣れておいてもらいます。)

今食べさせているフードは、手作りが出来なかった時とかにレオンとべべもたまに食べているこちらのフード です。

このフード、犬にしてみたら匂いもあまりしなくて、美味しくなさそうに思うようです。

そのため、このフードを初めて食べる犬は食いつきが悪いとか聞いた事があります。

でもとってもこだわって作っているのです。

人工の保存料や着色料は使用されていないし、原材料にもこだわっていて残留農薬なども検出されないそうです。

ある意味不自然なものを使っていないから、犬にとって食いつきの良い匂いなどの添加もなく食いつきが悪い場合があるのでしょうね。

レオンとべべは手作り食にこのフードをチョッピリだけトッピング。

フランはこのフードに手作り食をチョッピリだけトッピング。

排泄物の様子を見て、水分量はご飯でも調節するようにします。

「このフードに替えると食いつきが悪くなるかも」
などと言われているフードでも、ちゃんとパクパク食べるフランです。
これならフードの好き嫌いを言わず、何でも食べてくれるのかもしれませんね。


そして食後のゴロゴロの写真。

Dscn4954

犬ってこの動きよくやりますよね。
↓の記事にもありますが、慣れるまで安全対策のためのリード着用なので気にしないで下さいね。
でもお散歩用だと長すぎるかな〜と思ったので今はもっと短いのに替えています。(もちろん引っ掛かったりすると危ないのでケージに入る時にははずします。)

きっとこれから色んな表情を見せてくれるものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パピヨンのフラン君がやってきた

15日の会社帰り、パピヨンのフラン君のお迎えに行ってきました。

引取りからフラン君を預かって下さっていたmaoさんからの引継ぎです。

ご事情で預かりを続けることが出来なくなってしまい、maoさんご自身が一番残念に思っているはず。

フラン君のこと大切にお預かりさせて頂きますね。

お別れの時に、私の持って行ったキャリーバックに入ってもらう時にはちょっとだけイヤイヤをしていたフラン君。

「今度はどこに連れていかれちゃうんだろうsad

そんな風に思ったかもしれません。

ちゃんとわかるんだよね。

でもね、今度は安心できる場所からまた安心できる場所への移動なのですから。

大丈夫、新しいお家でもオリコウにしてご縁を探そうね。

前向きに考えると、我が家に移動してからしばらくの様子は、本当のお家に行った時の最初の様子に近いのかも。予行練習?

頑張ろうね、フラン君wink

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

というわけで我が家に移動したフラン君。

電車やバスに乗るため、キャリーバックの中でもおとなしくしていましたよ。

ペーパードライバーで車の運転に難ありの私。

これならフラン君を連れてどこかに行くことあっても助かります。

レオン&べべとも無難にご挨拶を済ませ、まだちょっと緊張気味の初日のお写真です。

Dscn4929

まだ家になれていないこと、私自身がフランくんのおトイレのタイミングをつかめていないため、念のためにマナーバンド代わりのシートをまいています。

まだ慣れていない場所で粗相しちゃってお互い気まずい思いをするのも可哀相ですから。

さらに安全のためにも念を入れてリード着用のままですが、しばらくの間ですので気にしないで下さいね。

ちなみに、預かりっ子が慣れるまでは一緒フリーの時には万一争いになった時にも対処出来るように、べべも仲良くリード着用ですのbleah

お顔の表情がまだ緊張気味ですが、ご飯はしっかりと完食。

軽くご近所をお散歩したところ、排泄も健康的なのをバッチリとして、楽しそうに歩いていました。

フランくんて、と~っても整った可愛いお顔をしています。

じゃんじゃん可愛い様子をご紹介出来るようにしていきますので、フラン君のご縁探しの応援、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの色々、自然の恵がタップリの石鹸

GWでしたね〜happy01
って終わってから1週間以上たってるけどsweat01

お預かりワンコがいないと写真もあまり撮ってないです。
ハッチをお届けしてから気がついたら3ヶ月ちょっと経ちました。

今夜から新しい預かりワンコさんがやって来ます。

そうしたらまたじゃんじゃん更新出来るようにしないとねwink
写真もまた沢山撮るようになるでしょう。

今度の子は前の預かりさんからの引継ぎです。
どの子なのかは近日中に更新しますのでお楽しみに〜note

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

GW中のある日。
都内の某ファミレスにて、こんな事していました。

じゃ〜んshine
Dscn4874

作成から2週間経過のカットしたての石鹸たちです。

4/19 に作ったものです。

この日、手頃なサイズにカットしてそれぞれのお家にお持ち帰りです。

皆さん初めて作ったのですが、中々の出来栄えshine
色とりどりでキレイです。

ついでだから石鹸の色について書いておきます。

せっかくフレッシュな食用としても使うことの出来るオイルを使用するのですから、自然でないものは入れたくない。
そんな風に思っています。

これらの石鹸も、自然の素材をうまく使って色とりどりに作っているのです。

例えばオレンジ色の石鹸。

石鹸を作るときに使うオイルにレッドパームオイルを使っています。

定番の材料であるパームオイルの元はアブラヤシ。
アブラヤシの果肉は赤いので、それから搾るオイルも赤いというか濃いオレンジ色をしています。

通常は精製してあるパームオイルを使うのですが、これを精製前のレッドパームオイルにして石鹸を作ると写真のようなオレンジ色の石鹸が出来るのです。

レッドパームオイルには天然カロチンとビタミンEも多く含まれているので、色を楽しむだけでなくお肌に良い有効成分もタップリ入っているのも嬉しいですね。

ピンクや茶色のマーブル模様は、クレイを使っています。
クレイとはミネラルを豊富に含んでいる粘土の事で、
美容目的のパックなどにもよく使われている素材です。

クレイは汚れを吸着させたり、ものによっては痛みや炎症を鎮める作用もあったり、色を楽しむ事が出来るだけでなく、その効果も期待できる嬉しい素材なのです。

そして石鹸を使う上でのお楽しみの1つが香りではないでしょうか。

私は素材のオイルにこだわって作るときには、オイルそのものの良さを実感したくてあえて香りは付けなかったりもするのですが、好きな香りを楽しめるのも手作り石鹸の楽しさの1つです。

香り付けにはエッセンシャルオイルを使用します。

人間と比べて嗅覚の鋭い犬に使う事を考えて香りの配合は少なめ、ほのかに感じる優しい香りです。

エッセンシャルオイルは、単なる香料ではなく心を落ち着けたり体を活性化する効能も期待出来るのが嬉しいですね。

な〜んて書いていて、アロマの事はまだまだ勉強中。
かなりの初心者な私です。

でも、この香りだとべべ(ガウガウ犬)もお風呂場で温和しいかな等、うちの子たちに合っている香りは何となくですがわかってきました。

いつの日か、心の傷ついてしまった保護犬のための石鹸なんかもレシピを考えて作れるようになりたい、な〜んて思っています。

まだまだ勉強しなくちゃね。

って好きな事やっている訳で、勉強〜って感じではないのですけどwink

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

GW中にあったピアノの発表会。

お隣のゆうちゃん兄弟たちの初舞台でした。

Dscn4893


ゆうちゃんたちの通い始めたピアノ教室、私達姉弟の行っていたところなのです。
私達に教えて下さっていた先生は、今はもう生徒さんをとっていなくて、先生の娘さんがゆうちゃんたちの先生です。

実は私、結構な年までピアノを細々と続けていました。
音楽学校に行きたいとか、そういう真剣さがなかったから長続きしたのか、社会人になってからも数年は習いに通っていたのです。
(先生曰く、練習時間はたくさん取れなくても週一で通っている間は指も動くしヘタにはならないから楽しみ続けることは出来ると)

完全にやめてしまってから10年以上が経ってしまい、あれほど苦労して練習した曲も弾けなくなってしまったけれど、発表会のプログラムの中には懐かしい曲も含まれていてしばらく頭の中にピアノの音色がグルグル回っていました。

たまにはピアノに触ってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »