« 今さらですが… ジャンティーくんのお出かけ | トップページ | 動物愛護法の改正 〜私達にも出来ること〜 »

動物愛護管理法の見直し 〜犬猫の販売日齢について思うこと

ジャンティーくんの里親募集とは関係ない記事ですが、
1人でも多くの方に感心をもって頂ければと思います。

平成17年にも見直しのあった「動物愛護管理法」
平成18年6月の改正法施行5年後に当たる、平成23年度を目途に再び見直されます。

それに伴い、中央環境審議会動物愛護団体の「動物愛護管理のあり方検討小委員会」が設置されています。

次期法改正に向けた専門委員による会議が、今年の8月より来年10月まで、月に2〜3回のペースで開かれる予定です。

(ちなみに委員メンバーはコチラの一番下をダウンロードするとPDFで見られます。)

既に8月に第一回、9月に第二回・第三回、そして先日10月19日に第四回、20日に第五回が開かれました。

会議は原則公開なので、興味があれば傍聴できます。
(環境省の報道発表資料より)
http://www.env.go.jp/press/index.php

議事録が後日、サイトにアップされるので、傍聴出来なかった日の分も見られます。
委員と傍聴者に配布される資料も同様のものです。

私も、第一回、第三回、第五回を傍聴しました。
(第二回、第四回は抽選漏れでした。定員を超える傍聴希望があったのですね。それだけ感心が高いということでしょうか。)

ここまで5回の委員会で話し合われた議題は、
第一回:検討事項概要、検討スケジュール等
第二回:関係者ヒアリング(動物愛護関係者等)
第三回:関係者ヒアリング(ペット業界関係者等)
第四回:動物取扱業の適正化(その1)
第五回:動物取扱業の適正化(その2)←ここまでの議論の総まとめ?

でした。

特に第四回、第五回での会議では、
深夜販売、販売時間、移動販売、インターネット販売、犬猫幼齢動物の販売月齢、繁殖制限処置、飼養施設について、規制の検討についての委員による意見交換が話し合われました。

第五回を傍聴していて、特に気になったのが犬猫の販売月齢について。
(前日にあった第四回は傍聴出来ませんでしたが、コチラに詳しくレポートがありました。すごく細かくレポートされています。)

販売月齢については5年前の会議で、一旦「8週齢以下の動物の販売禁止」となったそうなのです。
夕刊にもその記事が出ていたそうです。
「8週齢以下の赤ちゃんペットは販売禁止」と。

なのに、それが翌週くらいの会議でひっくり返ったそうです。
理由は「科学的根拠に欠けるのと、海外の法令も参考にしてから」と。
販売する側からの相当な圧力があったのではないかと考えられます。

そして今回の会議で、業者側からは「8週齢ではハードルが高すぎる、業界の自主目標である45日に任せるべき」と言った意見。
その他の8週齢に反対派の意見は、「数字を示すのは危険」
「取締のための数値規制は必要、だがしかし慎重な議論を」といった意見が多く見られました。

8週齢と45日の間をとってなのでしょうか。
7週齢が妥当との意見が相次いでありました。

科学的根拠に基づいて数値規制を明記している英国の動物保護法は8週齢です。
なぜ日本では8週齢だとハードルが高いのだろうか??

19日と20日の会議で話し合われた内容を事務局が取りまとめるそうです。

なんだか、個人的な印象ですが、このままでは今回の法改正も8週齢とはならなさそうなムードを感じました。

5年に1度の法改正のチャンスなのに、7週齢で決着してしまったら残念です。

それでも業界の言う45日に比べたら、まだ良かったって思えるのかもしれないけれど…
(目標としているってことは、45日以下で販売している業者も現状でいるってことですよね…)

安易な繁殖・販売は、結果的に安易な飼育にも繋がっていると思います。

8週齢くらいでハードルが高いとか言われちゃうと、先はまだまだだな〜というのがここまでの感想です。

委員メンバーのお一人、渡辺眞子さんのブログに今回の会議の事が書いてあります。

1人でも多くの方がこの問題に感心を持って頂けたらと思います。
1人1人の思いが、大きな力になると信じて。

|

« 今さらですが… ジャンティーくんのお出かけ | トップページ | 動物愛護法の改正 〜私達にも出来ること〜 »

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

私もそう思います。外国では科学的にも証明されているので、それをそのまま使えばいいと思いますね。
何故日本だけはそれが使えないのか?業者側に説明させるべきだと思います。それからネット販売を対面販売させるって無理ですよ。ほとんど空輸です。誰がそれをしたかチェックしますか?前面廃止にしないと意味がないと思います。渡辺先生のhpも読んでいます。

今年8週の方はなんとかパブリックコメント数を増やして
是非とも目標達成してほしいです。今月半ばですね。
頑張って多くの人に意見を送ってもらいましょう!

もちろん署名も!ALIVEのは9月までと長いです。

投稿: m | 2011年3月 7日 (月) 08時10分

mさま

コメントありがとうございます。
英国で科学的に証明されているのに、それでも科学的根拠に欠けるから安易に決めるべきでないと。それを覆せるような根拠があるのかを業者側に逆にお聞きしたいですね(-゛-メ)
犬猫の流通の仕組みとか、他にも問題はありますが、今回の法改正では8週齢は何とかしたいです。
前回のパブリックコメントでは業者側の方が圧倒的に数が多かったそうで…
多くの一般の方達の意見も届けて頂きたいです。なぜ8週齢なのか、知ればナルホド当然と思えるのですけれど…
freepets さんの署名も沢山集まったようですね。私も出しました。ALIVEさんは9月までと長いのですね。見てみます。
これらの署名も法改正に向けて活かされますように、ちゃんと思いが届きますようにと願っています。

投稿: keiko | 2011年3月 8日 (火) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/37386703

この記事へのトラックバック一覧です: 動物愛護管理法の見直し 〜犬猫の販売日齢について思うこと:

« 今さらですが… ジャンティーくんのお出かけ | トップページ | 動物愛護法の改正 〜私達にも出来ること〜 »