« ジャンティー君、平日のお留守番 | トップページ | 地震 »

埼玉ブリーダー廃業&全頭放棄、緊急レスキューがありました

タイトルの通り。
先週末、埼玉ブリーダー廃業&全島放棄に伴う緊急レスキューがありました。

埼玉県内の団体(動物の幸せを結ぶ会・加藤代表)が、保健所の指導のもと、『廃業&全頭放棄』へ向け、動いておられました。
ブリーダーと話し合いを重ねられ、3月3日、廃業の手続き完了、3月4日、全頭放棄の確約の念書をいただきましたので、レスキューに入りました。

それ以前に、瀕死の犬、状態の悪い犬は10頭近く引取されています。
当初は糞尿が10センチも積もっているような酷い環境、給餌も不十分な状況下に犬たちが置かれており、亡くなった犬も多数いたようですが、ボランティアさんの尽力でかなり環境改善され、CATNAPが入った時は環境はかなり良くなっていました。

3月4日、残った47頭のうち、当会で24頭の引取をしました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私はレスキュー現場でお手伝いをしていないし、トリミングや搬送のお手伝いをしたわけではありません。
後で聞いたら、とっても大変な1日だったそうです。

↓で、この日の様子を書いて下さっていますのでリンクを貼ります。

http://ameblo.jp/kate2007/entry-10824284249.html

http://blog.livedoor.jp/miko2007catnap/archives/1571841.html

http://ameblo.jp/ranrin/entry-10824648958.html

http://ameblo.jp/dog-smiles/entry-10825002297.html


CATNAP以外でも、個人ボラさんが少しずつ引き出しもしているそうです。
それでもまだ、現場に残っている子たちがいます。
寒く湿ったゲージで丸くなっている子がいます。

でも、預かり先も満杯です。
これとは別に、センター引取りも当然あります。
残念ながら、3月は引越しシーズンで、例年持ち込みが増えるのが現実です。

預かり先があれば、救える命があります。
里親募集中の子達から1頭のご縁が決まれば、また1頭救い出すことが出来ます。

どうか皆様のご協力をお願いいたします。

Dscn5536

ジャンティー君も里親さま募集中です。


それでもまだ、今回出してもらえた子達は幸せです。
命のあるうちに間に合ったのですから。
こうい繁殖場が日本中でまだどのくらいあるのでしょう゚゚(´O`)°゚


ペットショップなどに流通している子犬たちの産まれた場所は、こういうところかもしれないのが日本の現状です。

「動物取扱業の適正化」に係わる制度の見直しが環境省で行われています。
申込みをすれば傍聴も出来るのですが私は今年に入ってからのは行かれなくて…
コチラで中間とりまとめ回の小委員会の様子がありました。
パブリッコメントも予定ではそろそろのはずですが、遅れそうなのかな。
パブリックコメントは市民の意見を行政に送ることの出来る貴重な機会です。
多くの皆様に関心を持って頂けたらと願っています。

|

« ジャンティー君、平日のお留守番 | トップページ | 地震 »

CATNAP」カテゴリの記事

動物愛護」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、YSです。

今日の記事を読んで、胸が詰まりました。。
どうしてこんなことができるのか、こんな風になってしまうのか、何年もこの状態で過ごしてきた子達の事を思うと涙が出てきます。
同時に、何も出来ない自分に苛立ちを感じます。
こういう子達に真っ先に救いの手を差し伸べるcatnapのみなさんの活動に、頭が下がる思いです、

ところで我が家、やっと受験が終って穏やかな日が戻って来ました。
ジャンティー君に会いたいな~などとコッソリ思っています。
keikoさんのお出かけ等で、プチプチ預かりが必要な時は、是非YSにお声を掛けて下さいまし(^^)

投稿: M&MのYS | 2011年3月10日 (木) 21時37分

YSさま

無事に娘さんの受験が終わったとのこと!
ブログを拝見しましたが、春が来たそうでshineおめでとうございますhappy02

ジャンティー君も沢山甘えさせてもらえるYSさんに会いたいでしょうね。
暖かくなってきて、お出かけも楽しい季節です。ジャンティー君と出没する予定など、お知らせしちゃいますね。おデートなどいかがでしょう。
ジャンティー君より、「お家にも行ってよろしいのでしたら、遠慮無くお邪魔しちゃいますよdog」ですってnote

こういう繁殖場の現場は本当に酷いものです。
逃げることも出来ず、何年もこんなところで暮らさなくてはならなかった多くの犬達が居たことでしょう。元々200頭ほどいた繁殖場だったそうです。日本のあちこちに、まだこのような現場があるのです。表からは見えにくいけれど、ペッとショップなどで流通している犬猫も、こういう所から来ているのかもしれない日本のお粗末なペットブームsweat02
どうしたら助けてあげることが出来るのか、なぜこのような事が起こっているのか、考え行動していく事を日本中の皆でしていけば変わるのでしょうかね。法改正が良い方向に向かって行きますようにと願わずにいられません。

投稿: keiko | 2011年3月11日 (金) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/39176981

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉ブリーダー廃業&全頭放棄、緊急レスキューがありました:

« ジャンティー君、平日のお留守番 | トップページ | 地震 »