« 私たちの声が届きますように | トップページ | 朝の日光浴とヘルシーおやつ »

1年前の8月に

1年前の8月、ジャンティー君はどこから来たのかボロボロの状態で彷徨っていたところを保護され、迷子犬としてセンターに収容されました。

センター収容時のお写真です。(当時のブンママさんブログより)
P1010822

ブンママさんのお話しでは、収容されている犬舎に見に行った時には、見るからにヨレヨレな感じだったそうです。

ノミがいたのでセンターで薬をつけてもらい、汚れてニオイもあったのを見かねた職員さんが収容期間終了を待ってシャンプーをしてくれたそうです。
(注:収容期間中はセンターの収容情報に写真が載ります。どんなに汚くても飼い主さんが見て判らなくなってしまわないように手を加えてあげる事が出来ません。)

P1010912

シャンプーしてもらってスッキリしたのでしょうか。
少し元気になって、センターの広場ではベンチに飛び乗ったりもしたそうです。

無事に引出してもらって、協力サロンで更にキレイに身軽にしてもらいました。

P1010918

協力病院で診断後、YSさん宅で数日過ごし、現在の預かり先であるわが家へ移動してきました。

保護されるまで何処で暮らしていたのでしょうね。

迷子のマルチーズが、一番上の写真のような状態になるまで彷徨っていたとしたら、それはいったいどのくらい長い間のことでしょう。

私は、「迷子になって彷徨っていた」というのは、保護された時の姿からも有り得ないと思っています。

昨年の夏は猛暑でした。
あの姿になるまで、夏に彷徨っていたとしたら、命がもたなかったんじゃないかなと思います。

それに、人のいる町中を彷徨っていたのなら、ジャン君は人を恐がるような子ではないのだから、あの姿になる前に誰かに保護されると思うのです。

Dscn9103
(↑わが家に移動してきた日の写真)

保護時の体重は3.65キロ。
痩せていました。(現在4.2キロ)

膀胱だけでなく尿道にも結石が詰まっていて、尿がポタポタとしか出ませんでした。
ノミがいただけでなく、お腹の中には虫もいました。

ご飯もちゃんともらえていなかったみたいだし、体の悪いところも治療してもらえず放ったらかしにされていたような感じ。

ベランダとかお庭で、外に置きっぱなしで飼われていたのかもしれません。

1年前は、元が一番上の写真みたいな姿でしたから、身体は丸刈りに近い仕上がりにするしかなかったのでしょうね。

毛ぶきがあまり良くない状態での丸刈りは、ピンク色の皮膚と痩せている身体が目立って不憫でしたweep

そして、人のそばで、安心して過ごすって経験がないような印象の子でした。
呼びかけても無反応だったしsweat02
名前で呼ばれたり、撫でてもらったり、レオンやベベが当たり前のように過ごしている事も、経験がなかったのかもしれません。
ご飯の支度していると、大抵の子は「やったーご飯だ」って判ってソワソワするのですが、ジャン君、最初はそれにも無反応でした。(ご飯はがっついて食べました。)
立ったままウトウト寝てしまったり。

あれから1年ちょっと経ち、今のジャンティー君は見た目もですが生活の様子も随分と変化があり、普通の家庭犬のようになってきたなと思います。

Dscn6267
(↑今年の7月に撮った写真です)

でも、高齢犬で心雑音と心肥大があるからか、ご応募がまったく無く、ご縁が中々近づいてきません。
私の力不足もあり、1年以上も仮家生活をさせてしまっています。

ジャン君自身、普通の生活に慣れてきてくれたり、結石の治療とその後の経過観察に必要な期間ではあったので、無駄な1年とは思いませんが、早く本当のお家を見つけて落ち着いた生活を過ごさせてあげたいです。

いつも、他のスタッフさんにも気にかけて頂いています。
里親会などで応援しに来て下さる方もいます。

皆さんとお会いする度に「早く決まると良いね」と応援して下さっているのも心強いです。

コチラとかコチラとかコチラとか。

(他にもありますが、どの日付か探すのが…sweat01
タイムリーに御礼を言えなかったので、この場をかりて、ありがとうございます。

8月最後の今日、そういえばジャンティーくん、新たな犬生の第一歩から1年経ったんだな、と思い、引取時の写真を引っ張り出してみました。
第一歩からあんまり前に進めていませんがsweat01

年内にご縁を決めてあげて、出来れば来年のお正月は本当の家族の元で過ごさせてあげられたら良いなと思っています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月最大の後悔(私事ですconfident

楽しみにしていた「羽海野チカ原画展〜ハチミツとライオン〜

気が付いたら終わっていましたcrying

お盆休みに行こうと思っていたはずなのに、何故か頭からスッポリ抜けていたsweat02
姪っ子や甥っ子と一緒に自由研究なんてやってる場合じゃなかったよshock

20日にそう言えば、、、って思い出したのですが18日で終了していたのsad

あぁぁ〜〜shock


東京でなくても良いから、どこかでまた開催してほしいです。

コチラのの短編集
を購入したのですが、印税はすべて大震災義援金に寄付されるそうです。

6篇の短編集、どれも心がホッコリするような優しい素敵なお話しです。
ご興味ある方は是非。
ワンコインで買えて被災地への支援にもなりますよ。

|

« 私たちの声が届きますように | トップページ | 朝の日光浴とヘルシーおやつ »

ジャンティー(まるちゃん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/41431182

この記事へのトラックバック一覧です: 1年前の8月に:

« 私たちの声が届きますように | トップページ | 朝の日光浴とヘルシーおやつ »