« 猪苗代のこと | トップページ | 帰ってきたジャン君 »

赤い家

ヤマナシヘムスロイドさんの赤い家。
(全体を撮った写真、誤って削除してしまったみたいsweat01
夕方〜のイベント準備中の写真です。)
Dscn6448_2

赤い家プロジェクトが動き始めています。
猪苗代の美しい田園の中で、コンサートや手工芸のワークショップなど、子供たちやペット連れも楽しめる催事が行われていく予定です。
こちらのお手伝いを何か出来ないか、石けんつくりで地域の方々のお役に立てないか、企画はこれからですが、何か出来そうな予感です。

これらの企画の下見も兼ねて、今回の日帰りに同行させて頂いたのです。
ワタシのお手伝い出来る企画内容はこれからMAKIさんと相談して詰めていきたいと思います。

この日は民謡のアレンジやチベット音楽のコンサートが行われました。

近隣の方々と一緒に、ドリンクやスナックを頂きながら珍しい楽器の音色や素敵な歌声を楽しませて頂きました。

Dscn6449

Dscn6451

夕方の気候がとても気持ち良くて、贅沢で幸せな一時。
これからも定期的にコンサートなどを行うそうです。

風評被害などもあって訪れてくる人が少なくなってしまったこの場所を、楽しく盛り上げて行くような文化的活動も、とても大切な支援なのだと思います。

赤い家周辺は、自然環境の豊かなところです。

のどかな田園風景は生まれてからずっと東京で暮らしているワタシにもどこか懐かしく、何年ぶり(何十年ぶりかも)かに赤とんぼを見ました。

Dscn6447

他にもアマガエルやバッタなど、小さな生き物がたくさん。

赤い家の敷地内では紫陽花が見頃で、その中からガクアジサイをお土産に2輪頂いて帰りました。

Dscn6450_2

8月に入ってからお家でも紫陽花が楽しめるなんて、とても贅沢な事のように思います。
「お土産にお好きなだけお持ち帰り下さい」と、MAKIさんのご厚意に感謝です。

そろそろ新米の出回る季節ですが、放射能の心配から、今年は新米よりも古米や古々米が売れていると、ニュースで聞きました。

猪苗代の風評被害(観光客の減少など)を実際に見て聞いてとしたのですが、原発事故現場から85キロほど距離のある猪苗代の放射線量は心配のない範囲だそうです。

(放射線についての考え方は人それぞれあると思いますし、お子さんがいるとかそういう事でも心配の度合いが変わってくるとは思いますが・・・)

マスコミも煽っているようなところあると思うので、変な情報に惑わされないようにする事も大切なことではないでしょうか。
猪苗代にも水田が沢山あったので気になりました。

1日だけの日帰りだと、本当にあっという間でsweat01
ほとんど役には立っていないと思っています。

でも、これから出来る事を他の方々にも相談して考えていきたいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1日だけでしたが朝早くから出掛けてしまった1日。

ワンコ達はと言いますと・・・

レオン&ベベは母にお世話をお願いしました。
これはいつもと同じ。

ジャンティー君は、セレブなお家でバカンスです。
もしかしたら1泊するかもだったので、一応お泊まり先をお願いしてあったのです。

平日の移動は、ワタシの仕事前か後かで時間的に余裕がなく、他にも色々と済ませておきたい用事もついでにと思い、土曜日のお昼までお願いしちゃいました。

お泊まり先はコチラ
前にもお泊まりをお願いした事あるので安心です。

初日はさすがに落ち着かない様子だったそうですが、食欲もバッチリ、皆さんに可愛がっていただき楽しく過ごしていたようです。

環境に慣れれば送って頂いた写真のようにノンビリ寝ています。

20110804225426

今日、これから4日ぶりの再会です。
ジャン君、どんな顔するかな〜happy01

 

|

« 猪苗代のこと | トップページ | 帰ってきたジャン君 »

私に出来ること」カテゴリの記事

コメント

福島へ行かれたのですね。
実際に現場へ行かれた方のお話は貴重です。
いつか機会があったら、もっといろいろと聞かせて下さいね。
「知ること」は大事なことですもの。
ジャンティーくん、4日間もkeikoさんと離れていて
きっと寂しかったでしょうね。
再会の時、喜びの舞を披露してくれそうですね。

投稿: urutemi | 2011年8月 6日 (土) 11時25分

urutemiさんへ

たった1日、日帰りでしたので何も出来ませんでした・・・
でも貴重な体験をさせて頂いたと思います。
次の行動に繋がるよう考えていきたいと思っています。

ジャン君、お泊まり先で可愛がってもらって、ニコニコして帰って来ました。
喜びの舞は、ジャン君がお家に居て、ワタシが帰ってきてって時が一番喜んでくれるような様子です。この日も車から降りて来たジャン君の反応は大喜びって感じではありませんでした。
きっとお泊まり先の居心地が良かったのでしょうねhappy01

投稿: keiko | 2011年8月 8日 (月) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/41079890

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い家:

« 猪苗代のこと | トップページ | 帰ってきたジャン君 »