« ジャンティー君、トリミングサロンへ | トップページ | レオン退院しました »

レオン退院に向けて

この記事は、我が家の仔、レオンの闘病記です。

里親募集中のジャンティー君の記事は、カテゴリー「ジャンティー」よりご覧下さい。

ジャンティー君、10月15日の里親会@表参道に参加します。
可愛いジャンティー君に会いに来て下さいね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

10月12日、
レオン、再度MRIで頭の中の画像を撮りました。

レオンは5日に重責発作をおこしました。
その時に撮ったMRIと比べる事で、この1週間の治療の効果を診ることができます。

12日撮影画像の一部です。
Dscn70081

赤丸部分に腫瘍らしきものが写っています。
やはり腫瘍があるとみて間違いないようです。
腫瘍の大きさは、たったの4ミリ程度。
周囲の浮腫部分を含めても、ほんの1センチ。
でも3キロ台の子の小さな頭の中でのことです。
こんな小さな異物が、レオンを苦しめたのですね。

↓下側から撮った画像。
Dscn70091

1週間前と比べると、浮腫はお薬が効いてくれたようで解消し、脳の中心の歪みも戻っていました。

お薬も、搬送された直後は命を繋ぐために(発作が始まると命に関わるため)バンバン入れていたのですが、今は量も少なくなっています。
それでも、5日に搬送した時以来、発作をおこしていません。
ステロイドの量も減って1日1回、発作を抑える薬は1日2回で治まっています。

レオンは多少の心雑音があるものの、年齢の割に丈夫なのも幸いでした。
薬の投与で内臓がボロボロになってしまう子も居るそうですが(それでも発作が起こるほうが致命的なので薬は使わざるをえないそうです)、レオンはまだまだ大丈夫。
「丈夫な子です」と先生も仰っていました。

ただ、今回のMRIでは、あまり良くない結果がもう1点。
この画像だと判りにくいのですが、反対側(左)にも浮腫が確認出来ました。
腫瘍はなさそうな感じですが…
よく見ると前回のものにもうっすら写っていました。

右側の腫瘍との因果関係は判りません。
左右とも、今後どのように変化していくのかは、MRIでしか確認出来ないので、これから飲み続けるお薬が現状を維持してくれますようにと願うしかありません。

そして、脳へのダメージからでしょうか。
下半身がフラフラすることと、摂食障害らしき症状が残りました。

下半身の麻痺や排泄が出来なくなってしまうかもしれないことは覚悟が出来ていたのですが、ご飯を食べなくなってしまうのは困ります。
薬を飲ませたりもありますし、脳圧を薬でコントロール出来ても体力が落ちて徐々に弱ってしまいます。(入院中3.7キロから3.4キロに痩せてしまいました。)

誤嚥に注意しながら、流動食をシリンジなどで食べさせるしかありません。
病院で試してみたところ、お口の上顎あたりに食事を入れると、「ん、なんだこれ」みたいな感じでゴクンと飲み込んでくれるそうです。

出来るだけ高カロリーで消化に負担のかからないようなものを、効率よくあげられるようにしなくてはです。
水分も放っておいて自分で飲むことはないでしょうから、生きていくのに必要な量を人の手で与える必要があります。

先生からは、方法の1つとして、胃にチューブを付けて、直接食べ物を入れる方法もあると言われました。
これは、先になったら私の考え方が変わるかもしれませんが、現時点では処置することは考えていません。
脳腫瘍の根本的な治療も出来ないし、栄養だけを身体に入れて、ただ生かすことを目的にするのは意味が無いと思うから。

あの日に、もう助からないと覚悟した子が戻って来てくれたこと。
あのまま逝ってしまっていたら悲しすぎるから、私にお世話するための時間をプレゼントしてくれたのだと思い、1日1日を大切に過ごしていかれたらと願っています。

Dscn7011
↑昨夜、MRIの麻酔から覚めた時の写真。
こんな可愛らしい寝顔は、今まで一緒に暮らしていて見たことのない表情でした。

私の元に戻ってきてくれた天使ちゃんです。

今日13日の夜、レオンをお迎えに行ってきます。


と、ここまで下書きをしていてその後、
お昼頃に病院に電話したら、今朝のご飯は自力で食べたそうです!!

このまま自力で食べられるようになってくれないかな〜

大きな期待をしすぎてはいけませんが、ミラクルおこらないかな〜とチョッピリ期待しているのでした。

|

« ジャンティー君、トリミングサロンへ | トップページ | レオン退院しました »

レオン闘病日記」カテゴリの記事

コメント

レオン君、いいお顔ですね。回復の兆しかも。
自力で食べられたとのことも良かったですね。
きっと、きっと・・・期待できますよ。きっと。

投稿: yaeko | 2011年10月13日 (木) 17時54分

発症から治療が始まるまでの時間が短かったことも
よかったのかもしれませんね。
keikoさんが迅速に病院へ連れて行ってあげたことが
大きいと思いました。
我が仔を助けたいという強い思いがレオンくんに
ちゃんと伝わったかのような可愛いお顔を見せてくれましたね。
きっときっとミラクルを起こしてくれますって!

投稿: urutemi | 2011年10月14日 (金) 12時07分

yaekoさんへ

病院に電話したら先生が驚かれていました。
退院出来るって判ったかのように、今日は元気ですと。
現時点での状態が、一番安定していると思いますと言われたところから自力で食べるようにもなったのですから。期待しちゃってもいいですよね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

urutemiさんへ

私は、いざというときの準備を何もしていなくて、苦しんでいる子を前にしても、どうしたら良いのか判らなくって・・・
かかりつけの先生に病院を紹介してもらい、それが入院することになった病院なのですが、MRI等の高度医療にも迅速に対応出来る数少ない病院だったようです。巡り合わせが良かったのだと思っています。
このままミラクルが続きますようにと強く願っています。

投稿: keiko | 2011年10月14日 (金) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/42492158

この記事へのトラックバック一覧です: レオン退院に向けて:

« ジャンティー君、トリミングサロンへ | トップページ | レオン退院しました »