« 幸せ報告その1 茨城の全盲マルチーズちゃん | トップページ | みるくちゃんの手術 »

幸せ報告その2 ペキニーズのドンク君

幸せ報告その2です。

今日はペキニーズ♂ドンク君のご報告。

9月7日よりトライアルを開始し、お届けに同行させていただきました。

Cimg6259
(↑里親さん宅に到着の写真)

ドンク君、8月半ばにお見合いをして、
お届け日も決まり、里親さんも楽しみに待っていたのですが・・・

トライアルの1週間前に不調(初期のヘルニアで痛みがある状態)になってしまい、
痛み止めで回復に向かっているように思えたのですが・・・

お届け前日夜に、また悪くなってしまいました。

「きゃ〜〜、何で今このタイミングなの??」
と思ったりもしたのですが、

考えてみたら、このタイミングだからまだ良かったのかも。

心苦しいことであるのは変わらないのだけれど、
トライアル中に異変がでたり、
迎えて頂いてすぐに症状が出てしまうよりも、

お届けの前に色々とお話し出来たのは良かったのかもしれません。

元々、後ろ足の形成不全の事や、気管の事も、
色んなこと受け入れて下さったパパとママさん、
さらなる心配事を抱えてしまったドンク君を受け入れて下さってありがとうございます。

治療のためのお薬を持参してのトライアル開始となりました。

Cimg6261

↑本犬は食欲もあるしとっても元気。

新しいお家をあっち行ったりこっちを確認したりしていました。

Cimg6276

ドンク君はクーちゃんとなり、
ロン君というお兄ちゃんも出来ました。

Cimg6265

キャバリアのロン君、12歳という年齢ながらコートもツヤツヤ、
とっても大事にされているのが良く判ります。

O0480064012675940814

↑初日に里親さんが送って下さったお写真。
仲良くキッチンを見ているのかな。

ずっと前から一緒に暮らしていたみたいに見えますね。

こちらのご家族とならばクーちゃんも、体のハンデを感じさせずに、
きっといつまでも元気で暮らしていかれますって!!

フリマや卒オフでまた会えるかな。
楽しみにしていますね。


さて、次回はいよいよ、
みるくちゃんの報告かな。

続々と更新しなくては〜




にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

|

« 幸せ報告その1 茨城の全盲マルチーズちゃん | トップページ | みるくちゃんの手術 »

アルマの活動」カテゴリの記事

コメント

ドンクちゃんと前に一度、病院でお会いしましたよね。
子どもの頃にペキさんと暮らしていたのでその後が気になっておりましたが、幸せを掴めたんですね。
よかった。
↓このマルチーズちゃんも引き取りからその後の様子があまり記事になっていなかったので心配していました。
まぁなんてことでしょ!
まるちゃんちに迎えて頂けたんですね。
まるちゃんが紡いだ命のリレー。
まるちゃんの里親様、とっても素敵ですね。

投稿: urutemi | 2013年9月12日 (木) 20時56分

urutemiさんへ

ドンク君とは5月に病院で会ってます。
その後を気にかけて下さりありがとうございます。
ピッタリなお家で幸せ掴みました〜

マルチーズのモモちゃんも、嬉しいご縁でしょ。
代表のブログに登場して、ティハイムに一瞬滞在して、「あれ?どこ行ったの?」って思ってる人いましたよね。きっと。
速攻で素敵なご縁に巡り会えてたのでしたhappy01

投稿: keiko | 2013年9月13日 (金) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/53222997

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せ報告その2 ペキニーズのドンク君:

« 幸せ報告その1 茨城の全盲マルチーズちゃん | トップページ | みるくちゃんの手術 »