« 幸せ報告その2 ペキニーズのドンク君 | トップページ | お客様たち »

みるくちゃんの手術

タイトルを、幸せ報告その3にしようと思っていたのですが、

(その3はみるくちゃんの順番ですよ~)

そうそう、無事に手術を終えたことをちゃんとご報告していなかった!!

みるくちゃん、5日の日に協力病院で避妊手術を終えました。

Cimg6313_2

(↑寝ている写真だと目立たないけれど、右目の周辺の毛も刈られてますconfident

アルマの保護犬さんたちは、体調をみながら不妊手術をしています。

プロフィールにもありますが、みるくちゃんはフィラリア陽性です。

陽性でも手術出来ないことはないのですが、

心臓への負担を考えて、麻酔も慎重にしなくてはなりません。

みるくちゃんも、エコーで心臓にフィラリア親虫がいるのが確認出来ました。

7月にはフィラリア治療のためにビブラマイシンを服用しました。

ボルバキア菌という、寄生虫(フィラリア)に寄生する菌なんですけれど、

これをやっつけることで結果的にフィラリアを退治することが早まるそうです。

こんな治療を続けて、フィラリアが陰性になってから手術の検討をするべきか・・・

なんて先生と相談していました。

ところが、最近になって気になることがもう1つ。

ずっと右目が充血しやすいなってことで、逆さ睫毛が原因か?

と思っていたのですが、最近になって瞼をめくるとボチっとした小さな腫瘍に気が付きました。

これがみるくちゃんにとっても煩わしくって、気持ち悪いからこすったりしちゃって充血の原因??

先生も「う~ん、切除して念のために病理検査に出した方が・・・」

って言っても、無麻酔で出来る処置ではありません。

麻酔をかける検討をするならば避妊手術も済ませられるかを、慎重に検討していただきました。

術前検査の結果は、みるくちゃん、血液検査結果が全項目ほぼ正常値になっていました。

(引き取り当初凸凹していた数値が改善していたの!!)

憎ったらしいフィラリアに冒されている心臓も、血流はまずまずではないだろうかということで、

まとめて色々と済ませておくことにしました。

ついでに背中に出来てる大き目のイボも取って、

歯石がいっぱいのお口の中もキレイにしてもらってと結構盛りだくさん。

Cimg6189

(↑これは病院の待合室にて。嫌~な予感していたかしらcoldsweats01

当日は頑張れ~って病院に預けて、先生には、麻酔の時間を見ながら無理のないように、優先すべきものを優先して、

とお願いしたのですが、予定していたすべての処置を完了することが出来ました。

手術の翌日、仕事帰りにお迎えに行ったのですが、

看護士さんにも「とってもイイコですね」って誉められちゃった。

術後痛くて休んでいただけかと思ったら、翌日にはご飯もちゃんと食べたそうなので、

思ったよりも体調は安定していたようです。

その後も順調で、毎日お散歩にも行っているしご飯もしっかり食べています。

Cimg6320_2

(↑お散歩後に玄関で。お散歩の時にはエリカラ外すので、このタイミングでお写真撮りました。)

右目の周辺と、背中とお腹は、手術のための毛刈りで少々残念な見た目になっていますが・・・

Cimg6321

背中の写真も撮ったけれど、写真だとあんまり目立たないですね。

どこが剥げているか判るかしら。。。

でもシーズーさんですから、毛なんてすぐに伸びてくるもんね。

16日に抜糸予定です。

目の腫瘍の病理検査結果もその時に。

悪いものではないと信じていますが、やはりドキドキ。

でも、今回の手術もそうだけれど、みるくちゃんて運の強い子のように思えるので、

きっと大丈夫なような気がします。

ここまで終えたらいよいよ幸せ報告。

みるくちゃん、トライアル決定なのです。

どんなお家の子になるかって、

それはそれは嬉しいご縁なんですよ。

もったいぶってるわけではありませんが、

ご報告はもう少ししてから。お楽しみに!!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

|

« 幸せ報告その2 ペキニーズのドンク君 | トップページ | お客様たち »

シーズーmixみるく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/53229105

この記事へのトラックバック一覧です: みるくちゃんの手術:

« 幸せ報告その2 ペキニーズのドンク君 | トップページ | お客様たち »