« 【嘆願書締切】ありがとうございました | トップページ | 元気にしています! »

レオン虹の橋へ

7月7日七夕。
8年前のこの日、レオンとべべが我が家に来ました。

200607081121001
↑懐かし写真が携帯に残っていました。
来たばかりの時のワンショット。
手前がレオンですが、私好みでないカットされてます。

今日は2ワンの記念日、9年目も元気で過ごせますようにと願う日だったのですが、ほんの数日間に合いませんでした。

7月3日の22時50分頃、レオンは神様の元に旅立ちました。
享年15歳3ヶ月。

この日も私の仕事中は病院でみてもらっていて、
夜お迎えに行った時にも元気はなかったのだけれど、
それでも時折立ち上がったり歩いたりすることもあり、
翌日も日中のお預かりと点滴を予約して20時過ぎに帰宅。

家では、カロリーエースを半缶ほどお薬と一緒に飲ませ、
しばらくは起きあがったりフラフラしながらも歩いたり、
さすがに疲れたのか22時頃にはいつもの場所で寝ていました。

歩けるくらいだから、何日かゆっくり休ませたら、
またいつものように復活してくれるのではないかと期待していました。

そんないつもと同じ様な夜を過ごしていたら、
いつもと違う鳴き方をして、
どこかが辛いのかなと思いながら抱っこをしていたら、
身体をのけぞらせ、大きく深呼吸をするような仕種をして、
その後に呼吸が止まってしまいました。
すーっと魂が抜けていくような感覚でした。

本当はもっと長生きしてもらいたかった。
てんかんの持病があっても長生き出来ることを証明したかった。

3年前の10月5日が、本当ならばレオンの命日になっていてもおかしくなかったのだとしたら、そこから2年8ヶ月も一緒に過ごすことが出来たのは幸せなことでした。
助けてくれた先生方にはものすごく感謝しています。
覚悟していた介護状態も、ほとんどありませんでした。

てんかんの発作は、少ない時でも月に1〜2度はありました。
時には頻繁に続いて体調を崩すこともあったけれど、
その都度復活してくれて、ご飯を食べることを楽しんで。

毎日をそれなりにノンビリと幸せに過ごしてくれていたと思います。
重責発作にまで至らないようにしていれば、
たまにてんかん発作をおこすくらいならば、元気に暮らしていかれるのです。

だから後悔が残っています。

今回体調が悪くなってしまったのは、私のミスだから。
早い段階で異変に気が付いてあげられていたら、方法もあったのに、
体力がなくなってきてからではレオンの治癒力に期待するしか出来ませんでした。

昨日7月6日17時、ぬいぐるみの様な可愛い姿とお別れしてきました。
レオンとゆっくりお話したくて、私ひとりで送りました。
仲良くしてくれたお友達にも、ほとんど知らせていません。
水くさいと思っちゃった人(居るかな?)ごめんなさい。

供花などもご遠慮させて下さい。
もしも、レオンに何かお気持ちを頂けるのでしたら、
アルマ保護犬猫へのご支援に代えてください。

レオンとべべは一歩間違えたらセンターに持込されていたかもしれません。
(元飼い主が病気で入院、その後死亡という、保護犬の身の上話でよく聞くパターンでした。)

いつも私の傍らで預かりっこと過ごし、私の活動を見ていたレオンですから、
その方が喜ぶのではないかなと思うのです。

今はまだ、たまらなく寂しいです。
でもいつまでもメソメソしていられないから、私もきちんと前を向いていきます。
べべも預かりっこちゃん達もいますしね。

ただ、時々変な時に涙が出てしまい困ります。
しばらくは私と会って、話していて急に泣き出したりしても大目に見て下さい。


Cimg7314
↑昨年11月のお写真。
この頃も背中の毛、少なくなっていたのだけれど、
もう最近は殆ど残っていませんでした。
尻尾もツルっとしていて。

今はもう、フワフワの身体を取り戻して、
辛いことなく駆け回っていることでしょう。
モアちゃんとも再会している頃でしょうか。


レオンと仲良くして下さった皆さま、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

|

« 【嘆願書締切】ありがとうございました | トップページ | 元気にしています! »

レオン闘病日記」カテゴリの記事

コメント

そうでしたか…。
つらいですね、寂しいですね。

でもレオンちゃん、Keikoさんの腕の中で旅立っていけたのですね。
レオンちゃん、幸せでしたね。

私が行く公園におじいさんがいつも自転車の前かごにお年寄りのプードルを乗せて来ていました。
一度もしゃべったことはありませんでした。
春になったころ、おじいさんの自転車にプードルちゃんが乗っていないことに気づきました。
でもそれからも毎日同じようにおじいさんは公園にいらしてます。
空っぽの前かごが悲しくて、寂しくて…。
胸が痛みます。

いつかくりりんとお別れの時が来ること、もちろん考えたくはありませんが、Keikoさんのように最後の瞬間には抱きしめていたいと願っています。
でも、すごく難しいことですよね…。

だからレオンちゃん、良かったね、幸せな旅立ちだったねって思います。
レオンちゃんはKeikoさんと出会ってからずっとずっと愛情に包まれていましたね。

Keikoさん、悲しみでいっぱいでしょうがお体こわされませんように。

投稿: くりのお母さん | 2014年7月 7日 (月) 19時35分

きっとレオン君も今までの楽しい思い出の中で安らいでいると思います。
寂しさは消えないと思いますが、お力落としのないように。

レオン君、お世話になりました。またね。by ぽん。

投稿: yaeko | 2014年7月 7日 (月) 22時15分

きっとレオン君も今までの楽しい思い出の中で安らいでいると思います。
寂しさは消えないと思いますが、どうかお力落としのないように。

レオン君、僕のお家探しを手伝ってくれてありがとう!
お世話になりました。またね。by ぽん

投稿: yaeko | 2014年7月 7日 (月) 22時18分

レオンちゃんは、Keikoさんの気持ち解っていたのでは?
幸せな一生だったと思います、
Keikoさん、ご自分を責めないでくださいね。
きっとこの後の事も、レオンちゃんが見守ってくれると思います。

投稿: グリコ | 2014年7月 7日 (月) 22時21分

レオン君、頑張りましたね。

今頃虹の橋のたもとで、
きっとゆっくり休んでいるでしょうね。

最後にkeikoさんの愛情を感じながら旅立ったレオン君。
とても幸せだったと思います。

しばらくは、遠慮なく沢山泣いてください。

投稿: yuka | 2014年7月 8日 (火) 00時36分

レオン君の3年弱は本当に幸せな時間だったと思います

素敵なママの家族として、お見送りしてみらえて良かったね

ご冥福をお祈り申し上げます

投稿: ぐ~ふぃ~ | 2014年7月 8日 (火) 01時43分

keikoさんもレオンちゃんも精一杯頑張って偉かったですね。keikoさんに落ち度なんてないですよ!レオンちゃんにとって、これ以上ない最高のママだったと思います。ママの腕の中から旅立ったのがその証拠!感謝の気持ちで旅立ったことでしょう。
お別れは何度経験しても本当に淋しいですね。レオンちゃんと数回しか会ったことのない私ですら涙が止まらないんだから、keikoさんはどんなに辛い事か・・・。無理しないで泣きたい時は泣きながら、少しずつ元気を取り戻して下さいね。

投稿: Jenny. | 2014年7月 8日 (火) 09時34分

目に見えない部分のことって難しいしわからないな、って私はPちゃん・しょうちゃん・とみさんに教えられました。
だからこそ、もっと何かできたのでは…って思ったりすることもありました。
でも、きっとその子のタイミングもあるんだとも教えられたような気がしています。
レオンくんと出逢え、トリミングをさせていただけていたこと、幸せに思っています。
レオンくん、ありがとう。
御冥福をお祈りいたします。

投稿: らりっちょ | 2014年7月 8日 (火) 11時28分

頭では判っていても 心は なかなか判らないんですよね。暫くはめいっぱいレオンちゃんを思い出して泣いても良いと思いますよ。
レオンちゃん、いつもと同じ夜を過ごせてよかったですよ きっと満足な犬生だったと思ってくれてると思います。人間と手話で会話の出来るゴリラちゃんによると 死とは 眠ること なのだそうです。

ただ 眠るだけ・・・
keikoさんの腕に抱かれて安心して眠りにつくことができて本当に良かった
入院中にひとり寂しい気持ちのまま眠りにつかなきゃならない子もいるわけだから。

レオンちゃん 虹の橋で りんちゃんとも一緒に遊んであげてね

投稿: あんりママ | 2014年7月 8日 (火) 18時16分

あぁすればよかった、こうすればよかった。
あんなことしなきゃよかった・・・って我が仔を喪った時にみんな後悔するものだと思います。
でもkeikoさんの仔になれて、たくさん愛されて過ごした時間はレオンちゃんにとって幸せな日々だったに違いありません。
だからレオンちゃんもまた、幸せなキモチ一杯胸に抱いて堂々と虹の橋を渡って行かれたと思います。
レオンちゃんを幸せにしてあげられた・・・と自信を持っていいと思います。
少し落ち着かれたら、レオンちゃんとの楽しかった思い出を聞かせて下さいね。

投稿: urutemi | 2014年7月 8日 (火) 20時38分

keikoさんは素敵なママでしたよ!
自分を責めないでくださいね
ママは悪くないよ!って、レオンちゃんが言ってます。

素敵なママと過ごした15年、レオンちゃんはしあわせ
だったと思います。

レオンちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿: ずっきー | 2014年7月 8日 (火) 21時08分

keikoさん、レオン君にとってkeikoさんは最高のママですよ!keikoさんの子であったことはレオン君の幸せであり誇りであったと思います。
もっとあの時、ってどうしても思ってしまいますよね。でもそれよりも溢れんばかりの愛をレオン君は絶対に感じていたに違いありません。
我慢せずに泣いてくださいね。そしてゆっくりと、元気を取り戻してください。
レオン君、これからはお空からママのこと見守ってね。

投稿: Jill | 2014年7月 8日 (火) 23時50分

レオンくん、いっぱい頑張ったね・・・
Keikoさんの腕の中で、お別れ出来たなんて親孝行だね。
レオンくん、Keikoさん、ありがとう
ご冥福をお祈りいたします

投稿: かるころ | 2014年7月 9日 (水) 18時38分

Keikoさんと出会えて、Keikoさんと暮らせたレオンくんの犬生は、最高に幸せだった思います。
最後のお別れまでガンバッたレオンくん、かっこよすぎですね(^.^)
レオンくんのご冥福を祈ります。

投稿: ショコア | 2014年7月 9日 (水) 22時12分

レオンくん!よーくがんばったね!ゆっくり休んでお空でいっぱい遊んでね♪あなたのママはワンコの女神さまだもんね☆みんなに自慢してやんな♪keikoさん!心のままに!無理しないでね!私なんて今でも泣いちゃうもん(笑)だって寂しいもん!泣いたり笑ったり忙しいね!まだ、修行中の私たちはみんなが走り回ってる幸せなお空にいけないけど下界でがんばりましょ♪レオンくんお空楽しんでね♪

投稿: きんとき | 2014年7月12日 (土) 22時38分

keikoさん、里親会お疲れ様でした。
keikoさんの涙腺が弱かった理由が今日わかりました。
お辛かったことでしょう。
レオン君、keikoさんの保護活動をこれからも虹の橋の向こうで応援してくれてると思います。
だから、あまり泣かないでください・・
記事を読んで私も泣いてしまいましたが(汗)
レオン君のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: ダック | 2014年7月20日 (日) 23時32分

コメントのお返事が今頃でごめんなさい。

〜くりのお母さんさんへ〜

最後に抱っこしていられたこと、モアちゃんの時には出来なくて私が後悔していたのを知っている子だったから判るようにしてくれたのかもしれませんね。
私の望んでいた形をレオンが選んで旅立ったのだし、幸せだったのだと信じるようにしますね。
優しい言葉を、ありがとうございました。


〜yaekoさんへ〜

ぽんちゃんとレオンの懐かしいお写真もありますよ。
そうですよね、楽しかった思い出も沢山。
思い出の数だけ幸せがあったのだと、お空で自慢してくれたら良いなと思います。


〜グリコさんへ〜

レオンが7年間過ごしていたお家から、我が家にお引っ越しすることになったのが8年前。
実は当時、仕方なしに連れ帰った子だったのですが…
その後、私がどっぷり犬生活に浸かってしまうのはご存じの通りです。
私も幸せだったけれど、レオンもそう思ってくれていたと信じています。


〜yukaさんへ〜

今頃、虹の橋のたもとでこちらを見ているのでしょうか。
一番調子の良かった時の姿に戻れるみたいですから、自由自在に行ったり来たりしながら、
私が行く日まで、ゆっくり休んで待っててくれたらと思います。


〜ぐ〜ふぃ〜さんへ〜

3年弱も余命を延ばしてもらえたのだから、それだけでも感謝しなくてはいけませんね。
身体のしんどい3年ではなくて、そこそこ好きなようにさせてあげられたと思います。


〜Jenny.さんへ〜

お別れは何度経験しても本当に寂しいです。
人が先に逝くわけにはいかないの判っていても。。。
ちゃんと抱っこしてあげられる時を選んで旅立ってくれたこと、私も感謝しなくちゃいけませんね。


〜らりっちょさんへ〜

もっと何か出来たっていうのは、どうしても考えてしまいます。
そっか、でも、だからそれがその子のタイミングなのかもしれませんね。
いつだったか、もう最後かもしれないと思いチョキチョキした後の毛をとってあります。結局その後も2回くらいキャラメルさんに行かれたけれど。
トリミングではお世話になりました。
いつも可愛くカットしてくれてありがとうございました。byレオン


〜あんりママさんへ〜

だた眠るだけ・・・
そうですよね、今は眠って休んでいるだけ。
そのための場所にお引っ越ししただけなのかもしれません。
入院中の昼間に急変せずに待っててくれたこと、良かったと思います。
りんちゃんと会ったら、あんりちゃんのことやママのお話しできっとすぐに仲良くなれますね。


〜urutemiさんへ〜

レオンとの思い出話し、ぜひ聞いて下さいね。
キートス君とのお写真も探せば出てくるかな。
後悔するよりも、良かったと思ったことの数の方が多いはず、
時間の経過と共にそんな風に考えるようにしていかれそうです。


〜ずっきーさんへ〜

ずっきーさんの実家の子みたいに、もっと長生きする予定だったのだけれど…
大病をしても看護の必要な状態にはほとんどならず。
きっと良い時間を過ごさせてあげたれたかな、、そう思ってくれていたら良いなって思います。


〜Jillさんへ〜

あの時こうしていれば、っていうのはきっと誰でも後悔してしまうものなのかもしれません。
それでも時間が経過して少しずつ、後悔の気持ちよりも良かったことの方を思い出すようにしていかれそうです。


〜かるころさんへ〜

親孝行な息子君でした。
今までも何度か調子崩していたけれど、との都度回復してくれて。
今回も私が出来るだけ後悔しないタイミングを待っていてくれたのかもしれないな
って思います。


〜ショコアさんへ〜

かっこよすぎなんて言ってもらえて、レオンも鼻高々なことでしょう。
8年前に出会えたことも、引き取ったことも偶然の成り行きなのですけれど、
それで良かった、幸せだったって、レオンも感じてくれていたら私も嬉しいです。


〜きんときさんへ〜

泣いたり笑ったり、下界にいる私たちは忙しいですね。
お空にお引っ越ししたワンコ達は、あちらとこちらを自由に行ったり来たり出来るらしいし、時間の進み方も違うみたいなので寂しくないらしいです。
いつか会う日まで、少しでも自慢のママになれるよう、まだまだ修行しないとね。


〜ダックさんへ〜

えへへ、里親会で涙腺が弱かったのはこういうわけです。
2年8ヶ月前が命日だったかもしれないくらいの危ない状態から生還した子だったので、
とっくに覚悟が出来ている…わけもなくね。
寂しいけれど、時間の経過と共に居ない方の日常が当たり前になってきています。
少しずつね。

投稿: keiko | 2014年7月24日 (木) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/56721392

この記事へのトラックバック一覧です: レオン虹の橋へ:

« 【嘆願書締切】ありがとうございました | トップページ | 元気にしています! »