« 変身ヨーキー君 | トップページ | にぎやかだったね »

拡がる輪

犬の一時預かりボランティアに手を挙げて下さった方のところに2日続けて行ってきました。

7日(日)は
【東京26-35】Mダックス♂推定5〜6歳

Cimg2489

8月20日にセンターから引き出して、協力病院→ティアハイム→はっぴー家→一時預かり宅と、
リレーのように命のバトンをつなげて、やっと仮宿に落ち着かせてあげられました。

去勢手術などの医療処置もすべて完了。
あとはご縁を待つだけ。

この子の引取の経緯、こちらのブログを見て下さい。

センターでは対犬が苦手でお口が出る・・・
と言われていた子なんですって。

引き取ってみたら別に普通のお利口さんなんですけれど。

夏場は遺棄される犬が多くてセンターの収容もパンパン。
この子みたいに、実際に引き出してみたら普通の犬な子でも、
難しいと判断されると処分対象になってしまうこともありえます。

センターの収容状況のタイミングもあります。
いくら処分を待ってもらえるといっても無限に収容は出来ないから。
これが現実。

預かりさんの多くはお家に自分の子がいて、
その余力で預かりっこを引き受けています。

この子の引取検討の時にも、先住犬の居ない(念のためにね)預かり先があれば引き出せるかも、ってことでした。

引き出してお終いってわけではありませんからね。
とりあえずってわけにもいかないので、先のことまで考えて。

Cimg2487

先住さんの居ないお家で、新たにボランティアを始める方が預かってもイイですよ♪
って手を挙げて下さり助かった命。

センターの特殊な環境では、警戒してワンワンしたり、
身を守るために怖いお顔しちゃうことだってあるよね。

こんなに良い子が、その点だけで判断されて処分されずに本当に良かった。
幸せになりましょう。

預かりブログは準備中です。
もう少し待っててね。


お次は8日(月)に移動の、
【東京26-41】柴♀推定1〜2歳

Cimg2544

協力病院に滞在していた子ですね。

この子は9月3日に引き出した5頭のうちの1頭です。

やはりセンターの小型犬収容がパンパンになってて、全部は引き出せないまでも預かり先が確保出来た子から少しでも出さないと。。。
(収容犬がさらに増えたら押し出される子が出てきちゃうかも・・・)
って感じでした。

ちょうど中型犬預かりOKの方がいらしたのでお願いしたところ快諾。
引き出してあげる事が出来ました。

ちょっとビビリな様子の柴さん。
長くセンターに滞在させるのは可哀相なので本当に良かった。

センター→協力病院→預かり宅と、いつものリレー方式。
搬送や病院滞在中のお散歩で、複数のスタッフさんにお世話になっています。
ほんと、こういう活動って1人ではなにも出来ない。
チームワークが不可欠なんだなって実感しています。

柴子ちゃん、オスワリもマテも教えてないのに出来るんですよね。
きっとどこかで飼われていたはずなんだけれど、なんで保護犬になっちゃったのか。

まだ若い小さめ柴さん。
今度こそ本当のお家を探しましょう。

Cimg2548

ケージに入るのも嫌がらないんです。
これなら我が家でもいけるかも、なんて思っちゃったくらい。
(って、今我が家も4ワンいて定員オーバーsweat01

こちらも預かりブログを準備中です。
仮名はほぼ決定ですが、預かりブログのご紹介とともに発表しようかな。


今日もまた引取があるのです。
頑張っても頑張っても終わりが見えないって思うこともあるけれど・・・
1頭でも多くの小さな命を守りたいから、やれることをやっていくしかないのです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

|

« 変身ヨーキー君 | トップページ | にぎやかだったね »

アルマの活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/57348403

この記事へのトラックバック一覧です: 拡がる輪:

« 変身ヨーキー君 | トップページ | にぎやかだったね »