« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

近況報告など…

ずっと更新出来なくて…

くりちゃん、タビライ君は基金もお願いしているので、きちんと様子をお知らせしなくてはと思ってはいるのですけれど。

ごめんなさい。

温かくして寝ているくりちゃん。

Cimg0624


くりちゃん、相変わらずご飯を食べません。

あれこれ出して、一時でもパクパク食べるものがあれば食べるだけあげています。

そんな感じなので、まともなご飯の量は食べていません。

だいぶ骨ばってきました。痩せていく一方。

気が向くと食べてくれるのが、柔らかいジャーキーとかソーセージのおやつ。

安納芋もわりと食べてくれます。

先日は弟のお嫁さんの実家から新鮮な鰤が届いて。

焼いたものを食べました。

スーパーのパック入りのお魚は食べないのに、やっぱり鮮度が違ったのでしょうか。

ラムや牛肉は、焼いてあげても食べなくなってしまいました。

a/d缶を少しずつ、お口を開けて上あごにつけるとなんとか食べます。

シリンジで強制給餌したりもしたのですが、くりちゃんも苦しそうだし、お口周りがベタベタになってしまうので、時間はかかるけれど少しずつお口に入れてあげる方がいいみたいです。

2~3日に1回、病院に点滴に通っています。

ご飯も食べないくらいなので、お薬は喉の奥に入れて飲ませています。

くりちゃん嫌そうだけれども、私もだいぶ上手に入れられるようになりました。

慣れないうちは何度もやり直して(飲みたがらなくて出しちゃうから…)いました。

こんな感じでなんとか生きています。

第4期サポート基金、お陰さまでくりちゃん完売となりました。

出来る治療は緩和ケアくらいしかないのですが、出来るだけ苦痛のないようにしてあげられたらと願っています。

基金にお気持ちを頂いた皆様にはお礼申し上げます。

タビライ君は元気にしています。

Cimg0565_2

↑の写真は、10日にキャラメルさんでトリミングして、終わった後におやつもらっているところです。

相変わらずの食いしん坊さんです。

待ちきれずに思わずお得意ポーズしちゃって。

Cimg0568_3


タビライ君も、サポート基金を前回に引き続き募っています。

Cimg0590

引取当初から、多飲多尿などの症状があり、色々と検査をした結果残ったのがクッシングの疑いです。

検査結果はグレーゾーンです。

定期的に検査をして、数値が高いながらも現状維持ならば、お薬はまだ飲まなくてもいいかなと協力病院の先生のお見立てです。

お薬始めると、少し元気がなくなったりするそうで、

飲まずに高め数値ながらも維持しながら過ごす子も多いそうなので様子見中です。

ただ、気になるのが、時々身体がふら~っとするみたいな変な動きをすることがあります。

クッシング症候群と関係あるのかどうか、詳しい検査をどうしようか検討中です。

多くの方のお気持ちを頂いての検査となりますので、どの検査が最適なのかは慎重に検討していきます。

支えて頂けましたら幸いです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

久しぶりなので我が家のべべと私の近況も。

べべは今年の春で16歳になります。

Cimg0520

昨年の夏くらいは胃腸の調子が悪かったり、肝臓の数値が悪くなってきてお薬がはじまったり。

年の割に元気な方だと思いますが、色々と出てくるお年頃です。

昨年末は、歯石とりで麻酔もしました。

年齢からしたら最後の処置かな。

もう本当にお口が臭くて。

昨年の春くらいから病院で相談をして、今ならば出来るかなってことで決断しました。

頑張ったべべのお話はまた機会がありましたら。

そして私は、年明けより再就職しています。

実は昨年、勤めていた会社を退職して次の仕事を探しておりました。

なかなか決まらなくて、さてどうしましょうか…と思っていたところ、

年末になってお話がまとまり、ホッとしたのもつかの間、

現在、前任者からの引き継ぎでてんやわんやです。

もう少しで自分のペースも出来ると思いますので、今しばらくはメールなどの返事が遅いなどは大目に見て下さい。

アルマでの保護活動も、昨年のようにはいかないこともありますが、引き続き頑張ります~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy New Year 2016

2016年もよろしくお願いいたします!

Nenga_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »