« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

おかえり

27日(土)、無事にくりちゃんの葬儀を終えました。

くりちゃん、こちらの世界で使っていた身体はお返しして、小さくなって帰ってきました。

Cimg0736

引取り後にくりちゃんを預かって下さったネンネマンマさん

きれいなお花を送って下さいました。

ブログにはくりちゃんを偲んでの記事も。

子宮蓄膿症で緊急手術、命がけの手術を無事に乗り越えることが出来たから、

その後のくりちゃんの時間がありました。

ネンネマンマさん泣いちゃうかなと思って、その後のくりちゃんの状況もお知らせせず、

訃報も落ち着いてからと…

見守っていて下さったことに感謝です。

今頃くりちゃんもご挨拶に行ってるかな。

26日の夜は、キートス君がママと会いに来てくれました。

キートス君も、いま病気と闘っていて、ママさんと一緒に病院通いです。

http://ameblo.jp/nennemanma/entry-12132961135.html

病院に置いて行かれるとストレスになるキートス君のために、ママさんもずっと付き添っています。

そんな大変な毎日なので、夜になってしまうけれど…って。

いえいえ、会いに来て下さったことに感謝です。

キートス君、元気になったらまた一緒にカフェに行こうね。

27日はグリコさん が迎えに来てくれて、お寺にはアーミンさん も立ち会って下さいました。

一緒に見送ってくれてありがとう。

アーミンさんがアルマから迎えた楽ちゃんも、くりちゃんの前日に旅立ちました。

こちらの世界では会ったことのない2ワンだけど、お互いのママの紹介をして、今頃仲良くお空で遊んでいるかもしれませんね。

お骨になったくりちゃん、まっ直ぐにお家には帰らず、ちょっと一緒にお出かけしました。

行先はティアハイム。

この日、事務局で賛助会員様向けの会報の発送の最終作業がありまして、

ご挨拶も出来るしと、そのままお手伝いに向かったのでした。

引取後しばらくティアハイムにも居たから、くりちゃんもお礼言いたかったものね。

O0480064013577267484

くり「ふぁ~私はママのお付き合いは慣れっこよ。寝て待ってるわ。」

と言ってたかどうか。

(写真、ネンネマンマさんよりお借りしました。)

お別れは寂しいけれど、もう悲しくありません。

私もいつかあちらの世界に行った時、また再会出来るから。

それまでの間、しばしお別れ。

くりちゃんへとお気持ちを寄せて下さったすべての皆様に感謝をこめて。

今日からまた、頑張ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

くりちゃん発見

ティアハイムの天使たち

でくりちゃんを発見!

http://ameblo.jp/alma-tt/entry-12132655269.html

きゃんままさん、ありがとう~

2013年10月に茨城センターから来たばかりの頃の写真。

Kuri

こんなに毛があったんだね。

右目はこの時から視力なかったけれど、両目ともくりくりお目目で可愛かったね。

くりちゃんの火葬は、27日(土)になりました。

11時からお経をあげてもらって、そのあとお空に飛び立ちます。

そのくらいの時間にお空を見上げて下さったら嬉しいです。

たくさんのコメントをありがとうございます。

メールやLINEで励ましのメッセージを送ってくれた方にはお返事出来たのですが、

ブログの方はまだ出来ずに申し訳ありません。

皆さまからの温かいお言葉に励まされていることに感謝の気持ちです。

私がくりちゃんにしてあげられることも、後はお空に返してあげることだけになりました。

保護犬さんなのでみんなのくりちゃんで、医療費などはみなさんに支えて頂いていたわけですけれど。

くりちゃんを私の子として送ってあげることお許し下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんなときだから

こんなときだから、

きみのキャラクターに癒されてるよ。

Cimg0700

おとぼけキャラのタビライ君。

今年に入ってからは特に、私の在宅時には、くりちゃんくりちゃんで、

寂しい思いをさせてしまったかも…

なんて心配いらないくらい、いつも明るいキャラクターなタビライ君は、私にとって癒しでした。

今日は特にそう思ったよ。

ご縁見つける努力もしなくてはならないのにごめんね。

病院で再検査にも行かなくちゃと思っていたのに後回しになっちゃってごめんね。

トリミングにも連れて行ってあげないとボサボサになってきたのに、時間とれなくてごめんね。

Cimg0701

もうちょっと待っててね。

タビライ君、里親募集中です!

http://www.photobb.net/view.cgi?id=130037&code=1942&pline=24&pid=&key=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅立ち

くりちゃん、本日2月23日の19時半ごろ、息を引き取りました。

昼間は、いつもよりも頻繁にピーピー鳴いて、なにかを訴えているような感じだったそうです。

母も、今日のくりちゃんを見ていて、おそらくあと数日かなと予感していたそうですが、

まさかこんなにあっけなく旅立つとは。

数日前より、強制的に流動食を入れても吐くようになりました。

もう無理は出来ないなと、自然にまかせようと決めても、

往生際の悪い私は、お薬を飲ませる時にシリンジで少しだけ流動食を飲ませていました。

お薬は、優先的に心臓のお薬だけにしていました。

いまさら、肝臓の機能をあげるお薬とかサプリなんて意味ないかなって。

心臓だけは、肺水腫にでもなってしまうと、苦しむことになるから、

そちらの予防を優先したのでした。

くりちゃんも無理やりお口をこじ開けられて嫌だっただろうな。

くりちゃん、もうずっと旅立つ準備をしているように思えました。

今持っているからだを使いきって、それから旅立つって、くりちゃんが決めていたのを、

たぶん私は邪魔をしていたのでしょうね。

それでも、私の気持にこたえようと頑張ってくれていたのだと思います。

もう骨と皮しかないような身体で、点滴の針を刺すのも先生苦労していました。

貧血も進んで歯茎は白く、よくぞここまで頑張ってくれたと思います。

点滴も私のために頑張ってくれたのでしょう。

犬って、人の気持ちにこたえようと一生懸命なのだと思います。

今日は18時半くらいに帰宅して、そのまますぐに病院に向かいました。

いつものように毛布にくるんで。

いつもとおんなじ日のはずだった。

点滴終えてお家に帰って、そのすぐ後の旅立ちでした。

仕事を終えて帰宅してからわずか1時間余り。

だったらもう、病院には行かずにお家で過ごせばよかったね。

いま、くりちゃんはとても穏やかなお顔で横たわっています。

最期は苦しくなかったと思います。

す~っと眠るように旅立ったようです。

Cimg0733

写真は、朝の出勤前に私が撮ったくりちゃんの写真です。

これは最後の写真となりました。

家に来た時に一緒に持ってきてもらったこの毛布は、くりちゃんのお気に入りでした。

最期もこれにくるまった状態で旅立ちました。

サポート基金、第一期から四期まで支えて頂きありがとうございました。

誠に勝手ながら、供花などはご遠慮させて下さい。

くりちゃんに頂けるお気持ちを、他の子のために使って頂けましたら幸いです。

くりちゃんからの最後のお願いを私が勝手に代弁しました。

くりちゃん、私の元で過ごせたことを満足してくれているといいな。

火葬は私の仕事の都合で週末まで待つことになりそうです。

今少し一緒に過ごして、送る準備をしたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

あとどのくらい

くりちゃん、あとどのくらい頑張ってくれるのかな。

Cimg0731

今朝撮った写真。

元気な頃の面影からはほど遠い姿です。

身体の毛は、ほとんど抜けてしまったので、お洋服重ね着です。

綺麗好きな子で、具合が悪くても、フラフラしていてもおトイレシートまで行っていたのですけれど、

さすがに、このところは起きて歩くなんて出来ませんからベッドでしてしまうこともしばしば。

くりちゃん嫌だろうけれど、寝床の上にトイレシートを敷くようになりました。

おトイレしたいときと、お水を飲みたいときなど、ピーピー鳴いて呼んでくれます。

頼ってくれるのが嬉しいよ。

昼間は母が居てくれて助かっています。

Cimg0693

↑これは先週の写真かな。

口元にお水持って行くと飲みます。

ピーピー鳴くからお水かなと思って持って行くと違って、

おトイレだったり、そのどちらでもない時もあるけれど。

しばらく撫でてあげて毛布をかけ直してあげるとまた寝たり。

そんな繰り返しです。

夜中も3回くらい鳴くので、寝不足の日々なのですが。

これもずっと続くことではないのが分かっているから、

今だけの幸せな時間だと思っています。

20日(土)は里親会の後にスタッフミーティングがあって。

前回のくりちゃんの記事を見て心配してくれたスタッフさんから、いつの間にそんなにヨレヨレになってしまっていたのとビックリされて。

そうですね。

こまめに状況を報告していなかったから。

私がいけないのだけれど。

もう生きているのが不思議な状態だと思います。

強制給餌も、まあ、どんなに頑張っても限界はあったのだけれど、

数日前から入れても吐いてしまうので無理が出来なくなりました。

2日に1回の点滴を、毎日に出来ないか、

今日病院で相談してきました。

心臓のことがあるので、どんどん輸液をするわけにもいかないから、

様子を見ながらになるけれど、とりあえず行ける日は毎日通ってみようと思います。

こんなに弱らせちゃってと歯がゆい気持ちで見ているくりちゃんファンがいたらごめんなさい。

保護犬ではありますけれど、私の子と同様な気持ちですので、

どうかあと少し、見守っていて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タビライ君は元気

タビライ君は元気です。

Cimg0680

動きがちょこまかしていて、じっとしてくれないから写真が…

Cimg0679


ご飯はなんでも食べる食いしん坊。

オヤツ命だからこんなこともしちゃいます。

Cimg0708


待ちきれずに、オテからのちょうだいポーズ。

Cimg0705


ばんざいしているみたい。

お散歩の後とかにちょこっとあげるオヤツが楽しみなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くりちゃん

久しぶりの更新となってしまいました。すみません。

今日はくりちゃんの近況です。

くりちゃん、1月26日の夜に湿ったような気になる咳をしていて。

翌日の27日に、いつもの点滴に行きながら先生に診てもらいました。

肺に水がたまってきている(肺水腫)になっていて…

まだ初期段階だから、お薬で水が抜けるのではないかということで、お薬が追加になりました。

心臓のお薬2種と利尿剤。

幸いなことに、肺の水はうまく抜けたようです。

現在、咳はしていません。

ただ、心臓はかなり悪くなっています。

日々心配ごとが増えていくような…

Cimg0668

心臓のことがあったので、一時お休みしていた点滴も再び2日に1回。

それと強制給餌で生きているような状況です。

自力で少しでも食べてくれないかと、あれこれ用意しましたが全く食べてくれなくなりました。

お肉もチーズもソーセージも。

ジャーキー(柔らかいタイプ)は割と食べていたのだけれど、いつしか食べなくなりました。

ZiwiPeakのフードならばジャーキーっぽいし、食べるかなって思って買ったけれどダメでした。

ティアハイムにあった流動食やa/d缶を、お口をこじ開けて少しずつ入れています。

Cimg0673

美味しいもの楽しんでもらいたいなって思っていたけれど、今の状況はそれどころではないですね。

GPTは1000超え。

Ht(ヘマトクリット)は22で、貧血も進んでいます。

食べないから当然だけれど、数値が20切ると輸血も検討するくらいのレベルです。

体重3.3キロくらい。

ガリガリになってきて、身体の毛はほとんど抜けてしまいました。

BUNも61.2と高いのですが、クレアチニン値は正常なので大丈夫でしょうとのこと。

フラフラとよたついてしまうので、歩くのも大変そう。

それでも、寝ているベッドでは排泄することなく、なんとか這い出してシートのところまで行こうとします。

起きたなと思ったら抱っこしてシートの上に下すと排泄。

ついでにお水のお皿も置いておくと飲みます。

お水は自力で飲むのだから、他のものも食べたり飲んだりしてくれればいいのに…

って言っても仕方がないこと。

水すら飲まなく(飲めなく)なったらもっと大変。

Cimg0666


とにかく暖かくしてあげて下さいと病院でも言われているので、セーター重ね着に湯たんぽ入れた寝床で寝ています。

写真みたいな状況で寝ていて、排泄したいとかお水が飲みたいとかあると起きて動くので、助けてあげる感じ。

日中は母が様子を見てくれています。

通院は私が仕事から帰宅してから行っています。

今の職場、自宅から30分くらいの近場なので、帰宅してから協力病院に行ってもなんとか間に合います。

とはいえ2日に1回の通院は結構大変で…

輸液だけだったら自宅でも…と考えたのですが、都度先生に状況をお伝えして、点滴の内容が若干変わるのもくりちゃんにとってメリットです。

協力病院まで、そんなに遠くないので私もこのまま頑張ろうかと思います。

くりちゃん、桜の季節まで持ちこたえてくれるかな。

夏を超すのは多分厳しいと思う。

持ちこたえたとしても辛い時間が続くだけじゃないかな。

強制給餌をしながら、そんなことを考えてしまいます。

サポート基金、大切に使わせて頂いています。

ご縁の遠い子でも、くりちゃんのように終末期に入った子でも、

多くの方が支えて下さっていることに感謝しております。

なかなか頻繁にブログを更新できないかもしれないのですけれど、

出来るだけ皆様にもご報告していけるようにしますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »