« あとどのくらい | トップページ | こんなときだから »

旅立ち

くりちゃん、本日2月23日の19時半ごろ、息を引き取りました。

昼間は、いつもよりも頻繁にピーピー鳴いて、なにかを訴えているような感じだったそうです。

母も、今日のくりちゃんを見ていて、おそらくあと数日かなと予感していたそうですが、

まさかこんなにあっけなく旅立つとは。

数日前より、強制的に流動食を入れても吐くようになりました。

もう無理は出来ないなと、自然にまかせようと決めても、

往生際の悪い私は、お薬を飲ませる時にシリンジで少しだけ流動食を飲ませていました。

お薬は、優先的に心臓のお薬だけにしていました。

いまさら、肝臓の機能をあげるお薬とかサプリなんて意味ないかなって。

心臓だけは、肺水腫にでもなってしまうと、苦しむことになるから、

そちらの予防を優先したのでした。

くりちゃんも無理やりお口をこじ開けられて嫌だっただろうな。

くりちゃん、もうずっと旅立つ準備をしているように思えました。

今持っているからだを使いきって、それから旅立つって、くりちゃんが決めていたのを、

たぶん私は邪魔をしていたのでしょうね。

それでも、私の気持にこたえようと頑張ってくれていたのだと思います。

もう骨と皮しかないような身体で、点滴の針を刺すのも先生苦労していました。

貧血も進んで歯茎は白く、よくぞここまで頑張ってくれたと思います。

点滴も私のために頑張ってくれたのでしょう。

犬って、人の気持ちにこたえようと一生懸命なのだと思います。

今日は18時半くらいに帰宅して、そのまますぐに病院に向かいました。

いつものように毛布にくるんで。

いつもとおんなじ日のはずだった。

点滴終えてお家に帰って、そのすぐ後の旅立ちでした。

仕事を終えて帰宅してからわずか1時間余り。

だったらもう、病院には行かずにお家で過ごせばよかったね。

いま、くりちゃんはとても穏やかなお顔で横たわっています。

最期は苦しくなかったと思います。

す~っと眠るように旅立ったようです。

Cimg0733

写真は、朝の出勤前に私が撮ったくりちゃんの写真です。

これは最後の写真となりました。

家に来た時に一緒に持ってきてもらったこの毛布は、くりちゃんのお気に入りでした。

最期もこれにくるまった状態で旅立ちました。

サポート基金、第一期から四期まで支えて頂きありがとうございました。

誠に勝手ながら、供花などはご遠慮させて下さい。

くりちゃんに頂けるお気持ちを、他の子のために使って頂けましたら幸いです。

くりちゃんからの最後のお願いを私が勝手に代弁しました。

くりちゃん、私の元で過ごせたことを満足してくれているといいな。

火葬は私の仕事の都合で週末まで待つことになりそうです。

今少し一緒に過ごして、送る準備をしたいと思います。

|

« あとどのくらい | トップページ | こんなときだから »

くりちゃん」カテゴリの記事

コメント

keiko さん
お疲れさまでした。くりちゃんは幸せだったよね
よくがんばりました。
きっと皆で楽しく集まってると思う

投稿: グリコ | 2016年2月24日 (水) 09時10分

私ずっとホクに頑張らなくてもいいからねと言い続けていました。
でも逝ってしまってだいぶだってから一緒にいたかったから頑張ってくれてたんだと思えるようになりました。

くりちゃんもきっとそうですね。
keikoさんお疲れさまでした。

投稿: hokumama | 2016年2月24日 (水) 16時22分

くりちゃんはきっとkeikoさんの気持ちを嬉しく思っていたと思います。だからこそ、keikoさんの帰宅を待ってくれていたのです。
新しい仕事をはじめられて、ご自身のことでも大変だったでしょう。お疲れさまでした。

投稿: やっこ | 2016年2月24日 (水) 18時12分

くりちゃんお疲れさまでした。
偶然にも、シシマルが天国1才と同じ日の旅立ちでした。穏やかに過ごせたこと、本当によかったなぁと思っています。
くりちゃん。シシマルが待ってるよ。

投稿: シシマル | 2016年2月24日 (水) 18時17分

くりちゃんへ ママが帰って来るのを待って最後まで良い仔だったのね!
くりちゃんのママとバーバへ。
ぶじにくりちゃんをあちらの世界にお届けできてお疲れ様でした。苦しまなくて良かった!
あちらの世界はものすごーく楽しいそうですよ!
だって帰ってきたひとはひとりもいないですもの!

私はいつも犬と居るときに思いますが 一度はこの世に生を受けた者 一度は絶対に死ぬのだったら私の所で死んで欲しいと!

くりちゃんのママとバーバへ、少しユックリお休みしてまた次に頑張ってくださいね。
これがくりちゃんへのご供養かな?

投稿: ごとう房之助とクロ | 2016年2月24日 (水) 19時19分


くりちゃん、ゆっくり休んでね。
たくさん 頑張ったんだから・・・

くりちゃん 幸せに最期を迎える事が出来たのも
keikoさんの献身的な看病のおかげ。
お疲れ様でした。

くりちゃんの可愛い顔をもう見る事が出来ないのが 哀しい。(泣)


くりちゃんのご冥福をお祈りしています。

投稿: ありはは | 2016年2月24日 (水) 21時24分

keikoさんが仕事から戻られるのを、待っていたのですね。
keikoさんにいっぱい感謝していたから、お戻りになるのを頑張って待てたのでしょうね。
可愛いクリちゃん。
本当によく頑張りました。
keikoさんやお母様にたくさん愛してもらえて幸せでしたね。
ご冥福をお祈り致します。

投稿: urutemi | 2016年2月24日 (水) 23時02分

見捨てられた自分に「生きててほしい。」そう最後まで言い続けてくれたkeikoさんの気持ちをきっとくりちゃんは喜んでくれていたと思います。
くりちゃんもkeikoさんもお母様もよく頑張りましたね。
これ以上の最善はなかったと思います。
お祈りしています。

投稿: yaeko | 2016年2月24日 (水) 23時42分

keikoさん、こんばんは。


くりちゃんの頑張りも凄いですが、

keikoさんの頑張りに頭下がる思いです。

だからくりちゃんもこんなに頑張れたのかな。


ありがとうございます。

投稿: asa928(coo) | 2016年2月25日 (木) 17時38分

keikoさん!泣ける(;_;)keikoさんの愛をいっぱいもって旅立ちましたねくりちゃんは!keikoさん、いつも弱った子達に手作りご飯とか、、ほんとにマザーテレサだ!少しは体休めてくださいね!

投稿: きんとき | 2016年2月27日 (土) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019304/64110365

この記事へのトラックバック一覧です: 旅立ち:

« あとどのくらい | トップページ | こんなときだから »