« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

おとなり同士

並んで寝ているおふたりさん。

Cimg1008

タビライ&テディ。

どちらもヨーキーです。

サイズが倍くらい違いますが…

(タビライ6キロくらい、テディ3キロくらい)

毛色も違いますね。

シルバーの毛色が多いタビライ、黒の毛色が多いテディ。

仲良しではないけれど、ケンカはしません。

周囲おかまいなしに歩きまわるテディに、最初だけちょっと怒っていたタビライですが、

今はあまり気にしなくなったみたいです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日は駒沢公園でフリマでした。

日中は暑いくらいで疲れたね。

売上やご寄付などのご報告は、もうすぐフリマブログにアップされます。

http://dog.ap.teacup.com/almafm/

一枚だけ写真撮ってた!

Cimg1025

あしゅこさん預かりのミリちゃん。

預かりママのお買い物中に、メグさんに抱っこされてたの。

大人しくて可愛かった~

そして昨日はこんなことしてました。

Cimg1023


Cimg1024

Cimg1021

(↑3枚目のブーケは私のではありませんが素敵でしょ。)



4月9日は、旧暦のひな祭りでした。

今の時代、桜も終わりの頃ですが、大昔は今の時期が桃の花の時期だったのかな。

なんか不思議。

学校園さんのワークショップに参加しました。

みどりにあふれ始める季節でもあります。

みどりのブーケとヨモギ団子を作りました。

ブーケの素材もヨモギも、お庭の草木を自由に摘みました。

都会の中にあって宝の山!!

ヨモギなど、食べることのできる食物も、町中でよく見かけるのですがワンちゃんがお散歩中に出すアレが心配なことがほとんどですが、

ここの敷地内ではそういった心配がないので安心です。

まずいな~

やることがたくさんある(ような気がする)のに、こちらのワークショップにハマりそうです…

時間をうまく使えばいいんだよね。

頑張ろう。

と、こんな感じで過ごした土日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テディ、再診と医療処置

少し前のことになるのですが…

テディさん、再診のため協力病院へ。

Cimg0858_2

↑診察台の上で緊張中~

すきあらば、飛び降りてでも逃げようとします。

汚い環境に居たこなので、耳の中が真っ黒で。

耳ダニもいたのですが、もう大丈夫です。

耳ダニは、落ちるまで他の犬と一緒にしないなどの注意が必要ですが、お薬で確実に治療出来ます。

テディも気持ち悪かったね。

まだちょっとお耳の中が汚いのですが、避妊手術の時に、麻酔かけるついでに耳の中もしっかり洗浄してもらいましょう。

採血は大暴れでした。

Cimg0878_2


Cimg0880_2


若干、基準値よりも高めの項目がありますが許容範囲内でしたので、避妊手術も出来ました。

4月1日、諸々の医療処置が完了しました。

このタイミングで手術出来て良かったです。

お腹を開いて判ったことですが、卵巣が両方ともかなり大きく腫れていて、放っておいたら腫瘍化していって大変なことになってしまったかも。

身体を触られることに驚いてしまい大暴れするテディさんなので、お口の中もかなり汚いな~くらいしか事前に確認出来なかったのですが、

麻酔下で歯科処置をする際に判ったのは、何本もの歯が折れてしまっていました。

テディさんの居た環境は、繁殖現場です。

狭いケージに入れっぱなしの状態だったと思います。

中でただ大人しくしているわけもなく。

おそらく、外に出たいと、ケージをカジカジしていたのでしょう。

何本もの歯が折れるほどの長い時間を、そんな環境で過ごしていた子です。

Cimg0976_2

↑避妊手術を終えて帰宅した日の写真。

ゆっくりお休み中。

この時には大人しく寝ていますが、「え、数時間前に手術終えたばっかりよね??」とこちらが心配になるくらい、帰宅後のテディさんは動き回っていましたよ。

当日はご飯を食べさせてあげることが出来ませんでしたが、翌日からはしっかり食べていました。

身体や心のボロボロ状態とは裏腹に、そんなテディさんに安心したりして。

ボロボロになった身体のケアもしながら、あとはゆっくり過ごしながらご縁を探そうね。

人には興味があるようで、自ら近づいてきますが、抱っこどころか身体をちょっと触っただけで驚いて逃げます。

食欲旺盛な食いしん坊なので、現在おやつで仲良くなる作戦中です。

でも時間がかかるだろうと思います。

お散歩を楽しむとか、抱っこされたお膝で寛ぐとかは出来ない子ですけれど(今のところ)、

テディさんの望みは、安心して過ごせる清潔な環境と、美味しく十分に食べることのできるご飯。

今まで過ごしていた環境の影響からか、人に対しての感情表現がちょっと不思議な感じの子ではありますが、ゆっくりと向き合って下さる里親様募集中です。

高齢犬のくくりに入れてしまうことを少し迷ったのですが、

上記のような子であるため、募集を開始した5期ファミリーサポート基金にテディさんも入れてもらいました。

気になる卵巣の病理検査も出しましたし、まだ少し身体のケアを必要としているのですが、大暴れする子の自宅ケアには限界もあり。

協力病院と連携しながら、お世話させて頂けたらと思っています。

引き続き、応援して頂けましたら幸いです。

アルマファミリーサポート基金

http://alma-support.shop-pro.jp/

Faall

タビライ君のことも引き続きの応援、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルマファミリーサポート基金

いつもアルマの活動の応援をありがとうございます。
第5期(2016年4月~6月)ファミリーサポート基金の募集を開始しました。

Faall_2


第1期から第4期まで、昨年のファミリーサポートでは沢山の皆様に支えて頂きありがとうございました。
皆さまのご支援によって、保護犬猫達に適切な医療を施すことが出来ました。

継続サポートが必要な子達、新たにサポートが必要な子達、
現在サポートを必要としている保護犬猫の中から、応援したい子を選んでください。
おひとりさま、一口1,000円から募集しております。

気になるあの子をがっちりサポートすることも、みんなで少しずつ支えることもできます。
複数の子を少しずつ応援していただくことも可能です

合せて、アルマの活動を末永く支えていただける賛助会員様も募集しておりま す。

こちらのショップよりお申し込みください。
「アルマファミリーサポート基金」
http://alma-support.shop-pro.jp/

第五期ファミリーサポート基金募集
募集期間:2016年4月1日~2016年6月30日

※サポート基金の目標達成をした子は、その時点でいったんサポート基金募集終了となります
※サポート頂きましたご支援と用途の明細はNPO法人アルマ収支報告にて詳細をご報告しております。
http://alma.or.jp/earnings_call/2015/04_fs.html

多くの皆様からの支えがあるという安心と感謝のもと、毎日のお世話の励みにもなっています。
2016年・第5期も引き続き皆さまのご支援を頂けましたら幸いです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
うちの預かりっ子達も対象に入っています。
お願いごとばかりですみません。
改めてお願い内容を詳しく書きたいと思いますm(_ _)m
少しお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »