« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

嵐の夜に

先ほど20時過ぎくらい、すごい雨と雷だったテディちゃん地域。

雷苦手なテディちゃん、プチパニック。

Cimg7492


ケージに入ってもらいました。

中でグルグルまわったり、ホリホリしたり。

Cimg7488


こういう時には、排泄もちょくちょくなので注意して見ていました。

するだけだったらまだいいんだけれど、踏んだり、けっ散らかしたりするのでね

そしてシート敷いてもグチャグチャに分解しちゃって、かえって散らかるので何も敷いていません。

Cimg7491

こういうとき、見守って排泄物を片付けるくらいしか出来ないです。

抱っこされて落ち着くような子ではないですし(かえって悪化する)、

嵐が通り過ぎて、テディちゃんが落ち着くのを待つしかないから。

でも、今日のパニックは軽かったです。

2階にはニャンコもいるので様子を見に行ってみました。

Cimg7494


さすがというか、雨の音も雷にもまったく動じず。

そうよね、お外で暮らしていた時には、こんな日もあったよね。

写真撮ってたらシャアシャア怒られました

Cimg7495


写真は撮れなかったけれど、この後雷がピカっとして、怖い顔したニャンコのバックで光る稲妻

あ~怖い絵だったわ。

ちなみに、我が家のべべ。

昔は雷の音がすると、ワンワン吠えて困ったものでしたが、

今は耳も遠くなって聞こえないからかな。

まったく動じずでした。

Cimg7497


そんな嵐の夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子猫の個人保護

5月下旬より追いかけていた子猫たち。

最後の1頭を、やっと捕獲できました。

って、ワタシでは力及ばず。

ご近所の動物愛護推進員のKさんが早朝に来て下さり、捕獲に成功しました。

21日の早朝、親子で来ていたところ、蝉さんをチョイチョイして遊んでいた白チビちゃんのそばに捕獲器をかけたら3分で入ったそうな。

あっけなく捕獲できたように聞こえるかもしれませんが、たった1日いらして下さっただけではなく、ママ猫ちゃんが餌場と認めてくれて一緒に連れてくるようになってからは時々、早朝に寄って下さったりと、気にかけ継続して様子を見に来て下さっていた結果です。

そのまま、病院まで連れて行ってくれましたので、仕事帰りに様子を見に行ってきました。

Cimg7441


突然のことに、驚いてしまったのでしょう。

捕獲器の奥で固まったまま呆然としていたようです。

♀かなって皆で予想していたのですが、♂でした。

Cimg7445


美人に育ったね、なんて捕獲前まで話していたのですけれど、

こうしてみるとイケメン♂に見えてくるから不思議です。

猫エイズ、白血病は陰性。

2か月ほどの潜伏期間があるそうなので、念のため後日また検査します。

体重は1.45キロ。

一番最初に見つけたのが5月28日で、その頃に生後3週間くらいであっただろうと思われるので、

5月7日生まれくらいにしておきましょうか。

覚えやすく、月齢計算しやすいように5月1日生まれでもいいかな。

現在生後4か月くらいです。

3段ケージを用意しまして、我が家で個人保護猫として里親探しをします。

24日(金)に病院にお迎えに行ってきました。

Cimg7470

Cimg7471


個人保護ですが、譲渡条件はアルマの保護猫と同じような感じで、

飼育環境の確認や審査をさせて頂きます。

適切な時期になりましたら去勢手術を済ませることも譲渡条件に含まれます。

ワクチン代など、かかった医療費の一部負担もお願いいたします。

病院にお迎えに行った時、看護師さん達が「もう行っちゃうの~」と残念がるくらいアイドルになっていましたが、

本来の様子に戻り、シャアシャア言っております。

Cimg7484


まあ、可愛らしいもんですし、時間かければ人慣れしてくれる…と思う。

というわけで、猫の個人保護始めました。

あとはママ猫のTNRです。

が、子猫捕獲作戦の際に、2回も捕獲器に掛ってるんですが、もう覚えてしまったのか捕獲器仕掛けても警戒して入ってくれません。

ファミチキにも釣られず。

ママ猫のことも、次の妊娠の前に捕獲しなくてはならないと思っていますので、なんとか近日中にしたいです。

うまくいきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テディちゃんシャンプー&猫親子のこと

テディちゃん、シャンプーしました。

ちょっとこのところ忙しくしていて、犬たち洗いたいな~と思いつつおさぼりしていたので。

たぶんとてもサッパリしたのではないかと思います。

Cimg7451


体調良さそうだったのでべべもシャンプーしました。

フカフカになった背中の写真。

Cimg7456

シャンプー前の2ワン、こんなんでしたからね

Cimg7434


やっぱりお手入れは大切です。

ごめんよ~

しかし…

シャンプーはやはりストレスになるのだと思います。

予想通り、この夜は、テディちゃん寝たかなと思ったら暴れだして。

いつもの床ホリホリをケージの中でしていてなかなか寝てくれず。

せっかくきれいに洗っても、よだれでちょっとカピカピになってしまっていた朝。

あ~あ、仕方ない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

5月から追いかけてる子猫。

3頭中、2頭は捕獲できて残り1頭は、こんなに成長しました。

Cimg7319

ママ猫ちゃんは、毎日のようにご飯を食べにくるようになったので、私が休みの日も他の子に頼んでご飯をあげてました。

Cimg7205

そのうちに、子猫も一緒に連れてくるようになって。

とても怖がりで、おそるおそるだった子猫も、ご飯を食べていくようになって。

Cimg7265_2

ある時なんか、ママ猫は先に自分がご飯に手を付けず、子猫に食べさせたりしていて。

この後、残ったご飯を食べていたので、もちろんママ猫ちゃんに追加であげました。

とても優秀なママ猫です。

猫風邪をひかせることなく、しっかりと育て上げた子供たち。

最初に捕獲した2頭は、

1頭♂は会社の子のお家にもらわれていって、

もう1頭♀は病院の看護師さんのお家にもらわれていって。

残ったこの子もどうにかしたいな~と皆で見守っていました。

さて、この白子猫ちゃんの運命やいかに。

Cimg7454


↑私の狭いお部屋に見慣れぬ3段ケージ。

ここから導き出される答えとは??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のテディちゃんと、藍染のお話し

今朝のテディちゃん。

Cimg7330


スイカちょうだいの一コマ。

Cimg7323

「テディちゃん~スイカだよ~」と声をかけると、ちゃんともらいに来ます。

果物大好き。

季節の果物をほんの少し、ほぼ毎朝食べるのを楽しみにしているみたいです。

テディちゃん、夜ご飯はあげればすぐに食べるのですが、朝ご飯はなぜかすぐに食べません。

お部屋をウロウログルグルして、

果物をちょこっともらって、

それからしばらくしてご飯を食べ始めるという儀式があるようです。

(その日によって多少の違いあり)

排泄も済ませてからでないと食べ始めません。

テディちゃんなりに、なんとなく決まってる行動があるのかもしれませんね。

そして本日の晩ご飯の後。

先に寝ていたテディちゃんが居るのにおかまいなし。

寝床を探してべべがやってきて。

Cimg7417


あ、テディちゃんの上に乗っかっちゃった。

そこはお布団じゃなくてテディちゃんですよ。

Cimg7418


さすがにテディちゃんも起きちゃって。

Cimg7419


こういう配置になりました。

Cimg7420

ご支援で素敵なベッドを頂いたのですが、

どちらの犬もオシッコしちゃうかもな心配があって、まだ出していません。

お古の子供用布団が、お洗濯しやすくてね。

冬用にとっておこうかな。

って、こんなこと考えてたらテディちゃん、冬まで滞在してそうね

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日の日中は、藍染のワークショップのお手伝いをしていました。

タネまいて、みんなで大切に育てていた藍の葉っぱ。

Cimg7411


葉っぱのキズがついたところが、緑ではなくて青くなっているのがわかりますね。

昔の人も、これを見て藍の葉を使って青く染めることができることを発見したのでしょう。

万葉集にも、藍を使った擦り染めのことがあるそうな。

午前の部は叩き染め。

Cimg7336


布に葉のエキスを移します。

Cimg7337

お子さんたちが夢中になってトントンと。

Cimg7345

出来た作品は最後に並べて発表会。

Cimg7359

午後の部は生葉染め。

これ、とっても贅沢な染めだと思います。

藍の生葉が手に入らないと出来ないし、たくさんの布を染めるには量も必要です。

動物性の繊維の方がよく染まります。

私も2年前に初めて体験して、その時にシルクのスカーフが見事なブルーに染まりました。

それ以降、藍に魅せられて、こうしてワークショップのお手伝いをさせて頂いています。

生葉を集めて。

Cimg7367


今の時代は便利なミキサーがあるけれど、昔の人は青く染めるということは大変だったはず。

Cimg7390


生葉と水を入れてミキサーまわして絞ります。

Cimg7374


その汁に浸けて染めるのです。

Cimg7395

染まった染まった。

Cimg7407



子供たち、午前の叩き染めはとにかく楽しそうにトントンする人気ワークショップなのですが、私は午後の生葉染めの時に、まるで魔法を見たような感動のお顔を見るのが好きです。

いや、大袈裟ではなくて、本当に美しい色合いなんですよ。

化学染料で染めた色とは違うの。

自分たちの手で何かを作り出す魔法を、ずっと忘れないでいてくれますように。

ここからちょっと関心を持つと、今自分達の着ている洋服の色はどこから来ているのだろうか??

そんな疑問も持ってほしい。

どれだけ自然を汚しているのか、知ったらビックリよ。

(という私もファストファッションのお世話になっているので大きなこと言えませんが…)

人の欲は衣食住のすべてにおいて、自然の中でこのくらいだったら共生できるを超えていると思う今日この頃。

こちらは藍の生葉を乾燥させたものを入れた石鹸(試作)。

Cimg7333

9月1日は、ワタクシが講師として、藍のワーカーズソープのワークショップをやります。

実は6月から、石鹸のワークショップをやってます。

写真の試作品は藍の葉のスクラブ入れただけですが、当日は藍の絞り汁も使って色をつけたり、さらなるデザイン石鹸となる予定。

ご興味ある方いましたらコメントよりお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オヤツdeお薬

テディちゃん、寝る前の習慣。

はい、お夜食ですよ。

Cimg7296

ほんのチョッピリのヨーグルトとか、ご飯のトッピングの残りの缶詰とか、その日によって違います。

1日3回飲んでるお薬があります。

1日3回ってことは、だいたい8時間おきくらい。

朝の7時~8時くらい、お昼の15時~16時くらいと、私の寝る前の夜0時位を目安にしています。

我が家では「お薬オヤツタイム」と呼んでます。

柔らかめの美味しいものに粉薬をサラサラっと。

テディちゃんも、なんとく習慣になっているようでして。

だいたい15時くらいになると、ちょこちょこおねだりするみたいに見つめてくるそうです。

(昼間のお薬は母に頼んでいるのです。)

寄るも23時過ぎになると、ソワソワしているような感じです。

うっかり忘れちゃわなくていいね。

Cimg7295_2

↑こんな感じでソワソワ。

楽しみにしているのかな。

食べたら定位置に戻ります。

Cimg7298

べべおばあちゃんのお隣。

オヤスミナサイ。

Cimg7300

こんな可愛いテディちゃん。

側頭葉てんかんの症状、といっても犬によって症状は色々なのでしょうけれど。

テディちゃんの場合は、床をホリホリしたりするのですが、

このところ深夜に起きてやってることが頻繁です。

就寝はケージに入ってもらうののですが、その音で起きてしまうワタシ。

けっこう激しいのです。

ヨダレがだらだらで、とにかく寝床もシートもグチャグチャ。

ウン○でもしちゃうとそれもふんずけたり飛ばしたりするので要注意。

これさえなければ…と思っても仕方のないこと。

落ち着くのを待つのみです。

台風の季節は気圧もおかしいからね。

今夜は可愛い寝姿のまんまで朝までいてくれますように。

テディちゃんのお薬は、アルマファミリーサポート基金で皆様に支えて頂いています。

http://alma-support.shop-pro.jp/

Box_familysupport


どうか引き続きの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝姿ばっかりですが…

寝ている写真ばっかりですが…

仲良し。

Cimg7233


と思ったら、離れてみたり。

Cimg7236


テディちゃん、これじゃあ行き倒れているみたいだよ…

Cimg7237

基本、べべのそばで寝ていることが多いです。

Cimg7203

Cimg7202

ペコちゃんなテディちゃん。

舌が出ていることが多いの。

Cimg7240

たまには一人になりたいのか、べべのところから離れて、

なぜだかトイレシートでお休みになることも。

Cimg7241



可愛い、可愛い。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

猫さんの捕獲作戦、まだ続行中です。

そんなお話もまたそのうち書きます。

Cimg7205


ほぼ毎日ご飯を食べにくるママ猫ちゃん。

少し前から、たまに子猫も一緒に連れてくるように。

子猫ちゃんは警戒心が強くて、すぐに隠れちゃうの。

まだ一緒にいて面倒みているのは感心なママです。

8月半ばにはママ猫のTNRもしなくちゃ…

いままでママ猫だけだったらチャンスはいくらでもあったのですが、

子猫のことを考えたらママ猫だけするわけにはいかず。

でも子猫も育って来ちゃったので、そろそろ。。。ってわけです。

先に捕獲できた子猫たちは、里親さんがすぐに決まって幸せになってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »