« トリミング | トップページ | 3月16日は里親会 »

ヨーキーりんちゃんのお届けと正式譲渡のご報告

2月17日

ヨーキー♀りんちゃんのお届けでした。

(すみません、やっとかけました。)

行きの車の中にて。

Cimg8624


ちゃむままさんの息子くんのお膝の上でご機嫌さん。

Cimg8625


引取が2月1日だったから、17日間の保護犬生活は、

体調がすぐれないこともあり、下痢したりご飯を食べなかったり…

医療処置は、ほとんど出来ず、今後のケアをほぼ丸投げみたいな感じでした。

それでもいいと仰って下さった里親様ご夫妻には、感謝の気持ちしかありません。

引取後に、ケアを引き受けて下さったちゃむままさんにも感謝です。

Cimg8635_2

りんちゃんには、らぴくんという、とても優しいお兄ちゃんも出来ました。

年齢でいったららぴくんの方が弟くんになるのだけれど、懐の深いらぴくんにもトライアル中、ずいぶんと助けられてような気がしますので、頼りになるお兄ちゃんとしておきます。

私たちが帰る頃には快適なベッドでスヤスヤしたりして。

Cimg8641


あれこれ色々と買いそろえて下さっていて。

お届け前、食欲の落ちていたりんちゃんのために、色々な美味しそうなものもご用意くださっていました。

早々にパパさんからチーズもらったりしたのをペロっと食べてくれて。

Cimg8633


トライアル中に、みるみる元気になっていったのでした。

トライアル中は、毎日ご報告を頂いておりまして、食欲もすごいです~って。

体つきもしっかりしてきて、嬉しいかぎりでした。

トライアルから2週間経過した3月3日、正式譲渡のお申し出を頂きました。

トライアル中に頂いた写真の中から何点か。

どれも可愛いのです。

1551792339859


1551792355382


1551792392177


1551792506989


りんちゃん、正式譲渡となったタイミングと同時に、ドッグドックを受けました。

保護犬の過去はわからないので。

なんで今、からだがこんな様子なんだろうとか、ずっと一緒に暮らして定期的に病院で健康チェックをしていれば継続してケア出来たはずなのに、

そういったこともまったく判りません。

今現在の状態を、しっかりと検査してわかった結果は、今後のケアの見通しを立てることにつながります。

りんちゃん、脾臓に腫瘍がありました。

悪性の可能性は低いようですが、けっこうな大きさがあるようで。

なにかの拍子に破裂した場合は命が危険だそうです。

りんちゃん、12~13歳くらいかな。

若い子だって麻酔かけて、メス入れてってのはノーリスクってことはないですから。

このくらいの年齢の子の手術、誰だって余計に心配です。

手術自体はそんなに難しいものではないそうです。

術後の合併症は心配ですが、腫瘍を残しておく方がリスクが高いと判断して、明日手術をすることになりました。

きっと大丈夫。

トライアル中の食欲は、りんちゃんの生命力を感じました。

このタイミングでしっかり検査して、腫瘍を見つけてもらえたこと、

なんてラッキーなんだろうと思います。

だから手術も大丈夫。

そう信じています。

りんちゃん、明日は手術がうまくいきますように、

早く無事にお家に帰れますように、それをお祈りしているから。


りんちゃん頑張って!のエールを、どうかお願いいたします。

またご報告しますね。

|

« トリミング | トップページ | 3月16日は里親会 »

アルマの活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーキーりんちゃんのお届けと正式譲渡のご報告:

« トリミング | トップページ | 3月16日は里親会 »