« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

テディ&みかん

テディとみかん、一緒に使えるように大きめのお布団(子供用の布団のお下がり)を出してみました。

Cimg9696

微妙な距離で寝ています。

Cimg9694

↑は少しくっついてるかな。

 

みかんは、このお布団の場所でしか寝ません。

テディは自由。

べべが居た時には、一緒に寝れるようにこういった大きいのを出しておいたんだけれど、

居なくなってからは、おひとり様ようの小さいのを置いたところ、気に入ったようでよく寝ています。

Cimg9602_20200429004701

テディの匂いがたっぷりついてるからか、このベッドにはみかんが寝ることはありません。

どちらかというと、みかんは一人で寝たいタイプなのかも。

テディは、その時の気分で、自分用のベッドで寝たり、一緒に寝られる大きな方に行ったり。

Cimg9688

しかたなくって感じでみかんも受け入れますが、自由すぎるテディが近づきすぎると怒ることもあります。

唸ったりしますが、大きなトラブルにならないで、いつの間にか一緒に寝てるので基本は犬同士にまかせています。

 

気圧の影響とかあるのか、26日(日)、久しぶりにテディに発作がありました。

小さな異常行動(なのかな)のような動きが、ほぼ毎日あるのですが、それはさほど気にならない程度。

お部屋をグルグル歩きまわるだけ。

時々遠吠えしながらグルグル歩きまわって、興奮しているな~っていう感じに見える時もあるけれど、たいていはすぐに治まるのはお薬の効果かな。

でも、この日は明らかにおかしい様子が続いて、ついにはヨダレを出しながらのハァハァしだしてしまいました。

そういうときは、安全のこともあるので、しばらくケージに入っていてもらいます。

この日は半日くらいかけて、元通りでした。

Cimg9698

↑治まって寝ているところ。

お顔も足も、お腹のあたりも乾いたヨダレでカピカピ。

体調見てシャンプーもしないと…

元通りといっても、テディちゃん自身も身体が勝手に動くからなのか疲れるのでしょうね。

何時間かグッスリ寝ていました。

 

久しぶりの発作らしい発作でした。

今飲んでるお薬に出会う前は、もっと頻繁にこういったことがありました。

一緒に暮らす人も大変だけれど、テディちゃんの身体にも大きな負担だったことと思います。

応援して下さる皆様のご支援で、少々お高いお薬を飲ませてあげられることに感謝しております。

4~6月期のサポート基金、テディちゃん基金は完売しております。

あと少し、緊急引取案件の基金と、ティアハイムの運営基金、引き続きのご支援を頂けましたらありがたいです。

http://alma-support.shop-pro.jp/

 

みかんちゃん、可愛い写真が撮れました。

Cimg9675

お散歩の様子とか、他にも外でお天気の良い日に撮ったので、後ほど~

 

みかんちゃん、里親募集中です。

みかんはいつでもお嫁に行かれます。

テディちゃんも、保護犬生活が丸4年。

5年目に突入です~

ただ置いてもらえればいいってわけではないので…

こればかりは、テディにとって嬉しいお嫁入りの先があればと願っております。

 

 

| | コメント (0)

トイプードル♀みかんです

お待たせしました。

預かりっこ、みかんです。

Cimg9512_20200419003101

3月12日に、センターから引き取りました。

飼い主持ち込みでした。

引取時の写真、こちらにあります。
https://ameblo.jp/alma-new/entry-12581791964.html

2週間ほどセンターにいたのだとしてもモシャモシャですので、元飼い主さんにお世話ができなくなってしまった事情があったのかもしれません。

でもね、とても甘えん坊で、人の愛情をちゃんと知っているような感じなのです。

過去のことは考えても仕方ないから、前を向いていきましょう。

ご縁探し、頑張りましょうね。

 

お名前、みかんちゃんにしました。

Cimg9519

↑のお写真は、まだ我が家に来て2日目くらいのです。

緊張~って感じの表情だし、可哀想に、お鼻の頭が擦り剝けてたの。

お鼻の傷、今はほぼ完治です。

引き取ってからも1ヵ月以上経過ですものね・・・

出し惜しみしていたわけではないのですが、ごめんなさい<(_ _)>

Cimg9565_20200419004601

甥っ子のことが大好きみたいです(一番構ってくれるから)。

甘えん坊で、お膝にすぐに飛び乗ってきます。

オモチャを投げてあげると喜びます。

一緒に遊んでくれる家族、募集中です。

| | コメント (0)

テディちゃん近況と、サポート基金のお願い

テディちゃんの近況です。

最近、新しい仲間が来ました。

Cimg9604

左 ヨーキー♀テディ 保護犬歴4年が過ぎて、5年目に入ったベテランです(笑

右 トイプードル♀みかん 3/12に東京センターから引き取り、推定9歳くらい。

みかんちゃんのことはまた後程。

 

ふと気が付けばテディちゃん、保護されたのが2016年2月20日。

保護犬生活も丸4年を超えて、5年目に突入しました。

新たに来る預かりっこにお姉さん風を吹かすわけでもなく、まあマイペースに過ごしています。

Cimg9579

不思議行動は相変わらずですが、お薬の効果か、よだれダラダラ、息もはぁはぁしながら部屋中を動き回るといった異常なまでのことは滅多になくなりました。

数年前の検査で、側頭葉てんかんとの診断を受けて、1日3回のお薬を継続して服用しています。

こちらのお薬が少々お高い…

皆様からのご支援によって、高価なお薬も継続させていただいております。

 

狭いケージに入っての移動も苦手だし、だからといって車に乗るのも緊張しすぎて大暴れなため(この緊張も発作につながるようなのでできるだけ避けたい)、
お薬処方のための病院には半年に1回くらいがせいぜい。

2か月ごとに様子をお知らせして、お薬だけ出してもらっています。

 

今、世の中はコロナのことで大変で、人の生活もこの後どうなるかわからない状況の方も多いかと思います。

こんな時のお願いで恐縮ですが、どうか引き続きの応援をお願いしたいのです。

1口1000円~です。

テディちゃんの他にも、それぞれ継続した治療の必要な子たちのご支援を、どうかよろしくお願いいたします。

1586342279413

こちらから
http://alma-support.shop-pro.jp/

 

 

4/2、テディちゃんのお薬を取りに行った時に見た桜。

Cimg9591

来年は、お花見も楽しめる世の中に戻っていますように。

 

| | コメント (0)

べべ

本日は4月4日。

べべの20歳のお誕生日です。

この日が大きな目標だったのだけれど、この日をべべが迎えることは叶いませんでした。

 

実は1月29日の夜、私の帰りを待つかの様に、私が帰宅した10分くらい後に旅立ちました。

19歳10ヵ月にあとちょっとでした。

長生きしたね。

Dsc_6272

これは、生きていた時の最後の写真。

亡くなる3日前。

私の膝の上で寝ているところです。

もう体重は適正から半分近くになっていたし、ご飯も自力で食べなくなっていましたので、そんなに遠くなくお別れだなっていうのは覚悟していました。

年明けはまだ自力でご飯食べていて、もちろんそれだけでは足りないので、私が食べさせたりもしていたのだけど、まだ生きる力があったように感じていたのが、1月半ばからは、自力で食べることができなくなっていましたので、強制給餌をしていました。

こうなると落ちていくのが早い。

お口に何か入れても飲みこまなくなっていたので、もう限界だったのだと思います。

 Dsc_6273

晩年のべべには、いつもテディちゃんが寄り添っていてくれました。

元気な頃のべべは気難しくて怒りん坊で、預かりっこ達とはあまりうまく過ごせなかったのが、いつからかそんなこともなくなって。

ボケちゃったともいえるのかもしれないけれど、テディちゃんはいつもそばに居てくれて、べべにとっていい刺激になっていたのかもしれません。

 

旅立つほんの数分前、お水を口元に持って行ったら少し飲んで、汚れてしまったお尻周りをきれいに拭いている時に、す~っと旅立って行きました。

私の帰宅を待っていてくれて、日中どうしても飲んでくれなかったのよと母が言っていたお水まで飲んでくれて、なるべく私に後悔のないようにべべなりに頑張ってくれたのかなって思っています。

 

若いころ大好きだった窓辺に置いてあげました。

Cimg9375

ここからお外を眺めているのが、若い頃は大好きだったのです。

時々気になるものがあるとワンワン吠えるので、外を歩く人が「どこから?」とキョロキョロすることもしばしばで。

懐かしい思い出です。

 

いつものお寺さんで火葬してもらったのが2月2日。

Cimg9351

こんな青空の日に送ってあげられた。

Cimg9347

お寺さんに行く前の、最後のテディちゃんとの2ショット。

 Cimg9305

 

安らかなお顔でしょ。

Cimg9306 

 

レオンとべべは、2006年に元飼い主の死亡によって我が家にきました。

最初は、里親さん探すつもりで、自身で飼うなんて思いもしなかったのだけれど、

当時はまだアルマにも所属していなかったし、里親さんの探し方もよくわからなくて、

グズグズしているうちに、いつの間にか私の子にしてしまいました。

両親にしてみたら、娘に騙されて、いつの間にか世話も手伝わされて…

ってとこでしょうか。

レオンとべべが来たことがきっかけで、アルマ(当時はCATNAP)のことを知って、

里親探しのお手伝いをするようになって、そこから出会った犬猫やご家族もたくさん。

与えられたものの方が多かったなと改めて思うのです。

レオンとべべに感謝しなくちゃね。

080409f

2010年の年賀状に使った写真。

懐かしい。

今頃、お空の向こうで再会を楽しんでいるかな。

 

念のため、べべからの最後のお願い。
供花などはご遠慮させて下さいませ。

 

プライベートな報告ですみません。
次回、預かりっこのこと書きます。

 

| | コメント (2)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »