キャンディ

キャンディ退院しました

キャンディ、19日(日)に無事に退院しました。

16日(木)に手術で、キズも大きいし経過を見るため最低でも5日くらい入院の予定だったのですが、

手術の翌日にご飯を食べたり、経過もよかったこともあったので、少し早めに退院してきました。

Cimg9961

家に帰ったキャンディは本当に元気で。

早々に、テディに威張ってみたりして、術前と変わらない様子でした。

って、お腹のキズは大きいのですけれどね。

 

すみません、今週いっぱい私用で忙しくて…

無事に退院したご報告も遅くなってしまいました。

取り急ぎ、元気に帰ってきたことだけでもお伝えしたくて。

 

今日のお二人さんはこんな感じで一緒にいます。

Cimg9964

妹の子たちが赤ちゃんの時に使っていたお下がりのタオルケット。

フカフカな寝床もあるのになぜかこちらで。

Cimg9965

特に仲良しの2ワンというわけでないです。

キャンディの方が気が強くて、テディは先にいるから先住犬の立ち位置なんだけれど、なんとなくキャンディに押され気味。

Cimg9966

まあ、時々キャンディがテディに怒るのですが、気にせずマイペースなテディなのでトラブルにもならず。

平和です。

| | コメント (0)

ひとりっこ満喫中

テディです。

Cimg9923

いま、キャンちゃんが入院中なので、一人っ子満喫中です。

と思ったら、昨日は気圧の関係か、久々の大きなてんかん発作が…

テディちゃんの発作は、倒れて痙攣するようなものではなくて、

興奮状態でヨダレをダラダラしながら歩き回るというものです。

軽めの時もありますが、昨日の昼間は久々に大変だったみたい…

 

両親が床を拭いてまわっていたそうな。

そういう時、どうしてもだったらテディちゃんにはサークルに入ってもらうという手もあることはあります。

そのほうが、ヨダレで床がべたべたになることもないし、テディちゃんから目を離すことがあっても安全は確保できるし。

ただし、こうすると、テディちゃんは自身のヨダレまみれになっちゃう。

といったことを考えて、昨日はサークルには入れないで様子を見ていたそうです。

私が帰宅したときにはいつものテディちゃんにもどっていて、母の配慮のおかげで乾いたヨダレでカピカピにもなっていませんでした。

両親に感謝ですね。

 

テディちゃんのこの症状は、毎日飲んでいるお薬で軽減しています。

もうずっと、サポート基金でお薬代をご支援いただいています。

O0650095314783997937

http://alma-support.shop-pro.jp/

お願いばかりで恐縮ですが、引き続き応援頂けましたらうれしいです。

 

 

さて、入院中のキャンディちゃん。

Cimg9949

実は、14日の手術予定が16日(本日ですね)に変更になりました。

病院の方で14日と15日に緊急の手術が入りまして…

命に係わることですので、他の子に先に譲ったというわけです。

 

いまブログを書いてるこの時間は、手術が終わる頃かな…

なにも連絡がないので、無事に進んでいるはず。

 

またご報告いたします。

| | コメント (0)

キャンディの応援お願いします

7月14日、今日はキャンディの手術を予約している日です。

今日は午前休をとって、先ほど病院に預けてきました。

出発前。

Cimg9944

朝ごはんはもちろん抜いてます。

いつもは「食べろ食べろ」って私がしつこいくらいなのに、ちょっと不思議そうに見てました。

先にテディちゃんを1階に下して、ご飯が終わってからキャンディを連れてきたのです。

Cimg9915

 

こちらは病院の待合室にて。

Cimg9946

先生の診察中。

Cimg9948

Cimg9949

 

悪いものが全部とれるといいけれど…

子宮蓄膿症のリスクもありそうなので避妊手術と、大きな乳腺腫瘍摘出までは優先事項。

麻酔の様子で余力がありそうだったら、小さな乳腺腫瘍も取ってしまえたらラッキー。

キャンディの抱えているものは、1つ前のブログ記事に書いてます。

キャンディの負担を見極めて、先生の判断にお任せしてきました。

術後の経過次第ですが、最低でも5日ほどは入院となります。

がんばれキャンちゃん!!

手術が終わったらまたご報告しますね。

 

 

キャンディは、今募集中のサポート基金の高齢な子枠に入れてもらっています。

コロナ禍や、災害も重なり大変な時ですが、どうか応援をお願い出来ましたら幸いです。

O0650095314783997937

いつもアルマの活動の応援をありがとうございます。
第22期(2020年7月1日~9月30日)ファミリーサポート基金の募集を開始しました。
第1期から第21期まで、沢山の皆様に支えて頂きありがとうございました。
皆さまのご支援によって、保護犬猫達に適切な医療を施すことが出来ました。

継続サポートが必要な子達、新たにサポートが必要な子達、
現在サポートを必要としている保護犬猫の中から、応援したい子を選んでください。
おひとりさま、一口1,000円から募集しております。

気になるあの子をがっちりサポートすることも、みんなで少しずつ支えることもできます。
複数の子を少しずつ応援していただくことも可能です
併せて、アルマの活動を末永く支えていただける賛助会員様も募集しております。

こちらのショップよりお申し込みください。
「アルマファミリーサポート基金」

http://alma-support.shop-pro.jp/

第22期ファミリーサポート基金募集
募集期間:2020年7月1日~2020年9月30日

※サポート基金の目標達成をした子は、その時点でいったんサポート基金募集終了となります
 
多くの皆様からの支えがあるという安心と感謝のもと、毎日のお世話の励みにもなっています。
2020年・第22期も引き続き皆さまのご支援を頂けましたら幸いです。

 

 

| | コメント (0)

6月18日引き取り、トイプードル♀キャンディです

お待たせいたしました!

新入りちゃんのご紹介です。

Cimg9863

トイプードル♀キャンディ 14歳のシニアです。

繁殖業者崩壊からの引取です。

詳しくは代表のブログにあります。

https://ameblo.jp/alma-soulmate/entry-12605160802.html

 

すみれさんが搬して下さいました。

https://ameblo.jp/moca-1204/entry-12605187419.html

 

我が家に到着した初日は…

Cimg9829

「これからどうなるのだろう…」

と不安でいっぱいだったのではないかと思います。

用意してあげた寝床には見向きもしないで、部屋の隅っこ、冷蔵庫の前が定位置に。

こんなところで寝ちゃって…

Cimg9825

 

というのは初日だけでした。

翌朝には姪っこのお膝をゲット。

Cimg9834

甘えん坊さんなのです。

そしてその後はテディちゃんお気に入りの寝床を占領。

Cimg9836_20200702224401

↑の写真は、ひとつ前の記事でも使ってます。

狭いのに…

写真ではそう見えないかもですが、気が強くてテディちゃんの方が遠慮がちに寝ているのです。

怒られても、キャンちゃんのそばで寝たいテディちゃんなのです。

一緒に寝てる様子が可愛いのだけれど、なにもこんな小さなベッドに一緒に寝なくても。

Cimg9838

ちゃんと大きめのも出してあるんだけれど、どちらの子も見向きもしないのが不思議です。

 

 

キャンディは、医療処置が終わるまでのプチ預かりの予定ですが、どうなるかなぁ。

6月20日、まずは健康チェックと気になるところがあったので病院に行ってきました。

駅からの道のりは歩かせてみました。

Cimg9840

ブリーダー出身の子は、お外の世界なんて知らなくて、まったく歩かない子も多いのですが、

キャンちゃんはけっこうスタスタと歩きます。

Cimg9841

人にも慣れてるし、いわゆるキッチンブリーダーみたいなところにいたのかな?

ケージに入れっぱなしとかではなくてフリーにしていたみたいな情報もありますし。

でもね・・・

病気になってても治療してもらえなかったのは事実だと思います。

病院での診察の結果は、なかなか厳しいものでした。

 

まずなんとかしてあげたいのが、乳腺腫瘍。

体重2キロちょっとの子の身体には、大きめのが1つと、その反対側にもう1つ。

この2つは、色の感じがあまよろしくないのと、両方いっぺんに切除が出来るかどうか。

縫い合わせる皮膚が足りないかもしれないので、本当ならば2回に分けて切除したいところではあるのですが、

年齢14歳の子の手術ですから出来れば1回の麻酔で済ませたいなど、悩ましいのです。

他、もう1つ離れた所にも小さな乳腺腫瘍がありました。

年齢を考えたら、無理して手術をしなくてもというのもありかもしれませんが、放っておいてよいような腫瘍の感じではないのよね。。。

悪いもので肺に転移したりする可能性を考えたら、出来るならば切除した方が良いかな。

エコーで確認したら、子宮にもボコボコしたものがたくさんあって、筋腫か水腫か…

これも放置しない方がいいでしょう。

心臓も悪くなっていました。

気管虚脱もあり。

ということで、早々に心臓のお薬をスタートして、手術は一応7月半ばに予約をしました。

約1ヵ月お薬を飲んで、心臓の逆流している個所が落ち着いた頃合いで手術が出来るかなというのが、現段階での目標です。

 

病院で診てもらうまでは、私でもわかる見た目では乳腺腫瘍がヤバそうだな~とは思いつつも、

そもそも手術すべきなのかどうか、14歳だよ…って気持で病院に向かったのですが、

乳腺腫瘍も子宮も、放置しておくのは近い将来もっと悪いことになると思うので。

キャンちゃんの生命力を信じて、先生にお任せすることにしました。

サポート基金(只今準備中)で、支えて頂くことになると思います。

どうか、小さな身体で頑張っているキャンディのことを応援して下さい。

 

病院の待合室にて。

Cimg9844

待ってる間も、診察の間もとってもお利口ちゃんでした。

頑張ろうね。

| | コメント (0)